森は生きている Dvenadtsat Mesyatsev

1956年 外国映画 3ツ星 ファンタジー:童話

悪いのはだれか?

『イワンと仔馬』(1947)の9年後に作られたロシアのアニメーション。なめらかな動きやミュージカル演出に驚くが、見どころはやっぱりストーリー。わがままな為政者が破滅して終わるのではなく、分別を学ぶところがいい。一方、主人公を虐げたおばさんは3年間の犬生活を強要される。3年で開放される保証がないところがミソだ。妖精たちの振る舞いは共感しがたいが、全体的には『イワンと仔馬』より納得できる。

吹き替えもいい。「じょ、おー、は私です!」というアクセントが耳に残る。おもしろかった。

関連エントリー

アナと雪の女王/家族の思い出

アナと雪の女王/家族の思い出

2017年の外国映画 ★3
アナと雪の女王2

アナと雪の女王2

2019年の外国映画 ★3
ネコのミヌース

ネコのミヌース

2001年の外国映画 ★2
美女と野獣 (実写映画)

美女と野獣 (実写映画)

2017年の外国映画 ★3
嘘つき姫と盲目王子 (PS4)

嘘つき姫と盲目王子 (PS4)

2018年のゲーム ★2
GRIS (PC)

GRIS (PC)

2018年のゲーム ★2
魔女の家MV (PC)

魔女の家MV (PC)

2018年のゲーム ★3
Iris.Fall (PC)

Iris.Fall (PC)

2018年のゲーム ★2
斉藤由貴の星の王子様

斉藤由貴の星の王子様

1990年の外国映画 ★4
モアナと伝説の海

モアナと伝説の海

2016年の外国映画 ★4