鎧伝サムライトルーパー (全39話) Ronin Warriors [TVA 88.04.30-89.03.04]

1988年 アニメ 3ツ星 チャンバラ 和風 変身 @高橋良輔

俺の心に鎧が走る!

『聖闘士星矢』(1986)の大成功を受けて制作された「装着もの」のうち、もっとも成功した作品。タカラ「超弾動シリーズ」がまずあって、そこからキャラクター、ストーリー、世界観を考えたようだ。それも作りながら拡張していったらしく、ライブ感が強烈。まったく先が読めない。おそらく制作者たちも同じだっただろう。

この作品の特徴は、異常なことが当たり前のように起きること。たとえば第1話でセイジが逆さまに落ちてくるが、本人はいたって普通だし、だれも突っ込まない。「こーゆーもの」と認識せざるを得ない。ちょっとずつ異常が積み重なって、気がつくと夢中になっている。妖邪界、煩悩京にお一人様、ご招待。

烈火のリョウの涙
※あまたの女子を殺した烈火のリョウの涙

このシリーズのおもしろさは、ちらっと見ただけではわからない。わかってしまうと抜け出せない。ファン同士なら一晩中、トルーパーの話で盛り上がれてしまう。そのくらい熱中して見ていた作品だった。
妖邪帝王・阿羅醐の幻影骨柄砕きを劇中で見たかった。

鎧伝サムライトルーパー
鎧伝サムライトルーパー