[レビュー1975年03月21日に発表された 

グレートマジンガー対ゲッターロボ Great Mazinger Vs. Getter Robo

ロボット @永井豪
更新日:2013年07月11日(木) 18:11 [Edit]

正義のタコ殴り

科学要塞研究所(グレートマジンガー)と早乙女研究所(ゲッターチーム)が、いつから共闘して、どうして対抗心をむき出しにしているのか。そうした前提の説明はまったくなし。振り返ると、『マジンガーZ対デビルマン』がいちばん親切だったかも。

両チームは対抗心の矛を収め、協力して立ち向かう。それはいいのだが、2大ロボットが強大な獣をやっつける様子は、いじめに見える。指を切り落とし、傷をえぐり、身体の中に入って大暴れ。すさまじい。最後はガシッと手をつないで、勝利を祝う。正義と敵対するのは得策じゃないね。

永井豪
アニメ
実写映画

関連エントリー