ロボット刑事 (全26話) Robot Detective

1973年 特撮 4ツ星 ロボット:自律型 刑事・警察 @石ノ森章太郎

「Kに恥じないだけの人間が、どれだけいるだろうか?」

あらすじ

 相次ぐ不可能犯罪に対応すべく、警視庁は特別科学捜査室にロボット刑事K(ケイ)を配属させた。コンビを組まされたベテラン刑事の芝は、Kを「機械野郎」と毛嫌いするが、その分析は的確だった。
 不可能犯罪は、《バドー》という犯罪組織がレンタルするロボットによって引き起こされていた。Kと芝刑事は協力してロボット犯罪に立ち向かう。
 バトーは邪魔者Kを排除するため、その産みの親である「マザー」を標的にする。マザーを破壊すれば、Kを修理できるものはいなくなるからだ。一方、芝刑事もマザーはバトーとつながりがあるのではないかと疑いはじめた。Kはマザーに真実を問うが、マザーは答えない。Kは混乱する。
 マザーは何者か? バドーはなぜ犯罪を助長するのか? そしてKは、人間の仲間として受け入れてもらえるだろうか?

バドーはロボットをレンタルするだけ

 おもしろいのは、悪の組織が犯罪を起こすのではなく、犯罪者に実行手段(ロボット)をレンタルするだけってところ。モノを盗んだり、人を殺すのは、あくまでも人間なのだ。犯罪者は決まって、「やったのは自分じゃない」とか「バドーに脅された」と言い逃れする。「刺したのはナイフであって自分じゃない」とか「ナイフを売ってる店が悪い」と言っているようなものだ。ロボットを介在させることで、人間の不条理さが浮かび上がる。じつにSF的だ。

だれがロボットの心を知るだろう

 バドーの首領もマザーも人間だが、その内面は荒れていた。人間の身勝手さが渦巻く中で、Kの人間性がきわだつ。
 Kの外見はごついが、その声はやさしく、とても低姿勢だ。芝刑事にどやされて、いっつも「すみません」と詫びてばかり。Kは人間を守りたいが、醜悪な犯罪に手を染めるのも人間だ。その矛盾をKは嘆き、詩を書く。恐ろしいほどの人間性だ。犯罪捜査の道具であるKに、「こころ」は必要ない。しかし犯罪捜査のために、人間心理を理解する機能は求められる。ここにKのジレンマがある。
 漫画版では、バドーの首領が犯罪シンジゲートを作るのに、唯一不要と判断された設計図からKが作られている。悪から捨てられたものが正義になる構図はおもしろい。

しかし、だれる

 中盤でやるべきことは決まっているのに、うまく描かれない。芝刑事はいつまでも頑固だし、バドーはみずから犯罪に手を染め、アイデンティティを失う。このころの特撮は長期的な展望を立てられなかったから、ゆるやかな変化は難しかったのだろう。
 よって終盤は急展開だ。謎は明かされるけど、駆け足すぎる。バドーを倒して、存在理由を失ったKの描写もあっさり。画竜点睛を欠く。

漫画版について

 石ノ森章太郎のマンガ全2巻も貸してもらった。テレビ版の原作と位置づけられているが、テレビ版とは異なるアプローチで描かれている。戦闘シーンは少なく、よりシビアに、より陰鬱に仕上がっている。
 芝刑事になじられても、Kは犯罪者を見つけることで信頼を得ようとする。しかし人間の邪悪さはKの想定をうわまわり、ショックを受ける。マザーにも隠し事をされ、Kは精神的支柱を失う。やがてKは、自分を見た目で判断しない盲目の少女に恋するようになる。

 いやぁ、おもしろい。石ノ森章太郎はこういう悲哀を描くのがうまい。しかし石ノ森章太郎の作品の多くがそうであるように、終盤は急展開になる。投げっぱなしじゃないけど、もうちょい時間をかけてほしかった。テレビ版に比べ、マザーも恋人も失ったKの「その後」が気になる。

受け継がれる魂

 『ロボット刑事』(1973)は傑作とは言えないが、とても印象的な作品だった。その魂は、『ロボコップ』(1987)、『機動刑事ジバン』(1989)、『特捜ロボ ジャンパーソン』(1993)といった作品に受け継がれている。しかし私は、もう一度、ロボット刑事を見たい。

 とはいえ、21世紀の現代にロボット刑事を復活させることは難しい。科学技術、コンピュータの知識が普及したせいで、自立判断できるロボットはかえって現実味を失ってしまった。仮に優秀なロボットが開発できたとして、人間の行動を制限する「逮捕権」を与えるかどうか、ロボット刑事が優秀でも無能で困る警視庁が協力するかなど、解決すべき問題は多い。
 しかし現代社会は奇妙にゆがんでいるため、「完全公平なロボットに裁きをゆだねる」という展開もあるかもしれない。そう考えると、ロボット刑事の復活は不可能ではないだろう。

 だれか、リメイクしてくれないかなぁ。

関連エントリー

1973年 特撮 4ツ星 ロボット:自律型 刑事・警察 @石ノ森章太郎
キカイダー REBOOT

キカイダー REBOOT

Kikaider Reboot
2014年の特撮 ★1

良心回路が否定されるとは! 人工知能が夢物語でなくなった現代に、キカイダーを再起動させる。脚本脱稿に2年かかったと聞けば、期待しない特撮ファンはいあにだろう。んが、蓋を開けてみれば (...)

キカイダー01 (全46話)

キカイダー01 (全46話)

Kikaider 01
1973年の特撮 ★2

脅威のビジンダー押し! 『人造人間キカイダー』の大ヒットを受けて制作された続編。当時私は2歳だったので、ブームの熱さは知らない。しかも家ではチャンネル権がなかったため、再放送も見る (...)

劇場版 キカイダー01

劇場版 キカイダー01

Kikaider 01 : The Movie
1973年の特撮 ★2

唐突なヒーロー登場 第1話『無敵!! 人造人間ゼロワン誕生!!』のブローアップ版。テレビシリーズは初めて見たけど、すごく乱暴な始まり方で驚いた。 ハカイダーとハカイダー三人衆は、ア (...)

飛び出す人造人間キカイダー

飛び出す人造人間キカイダー

Android Kikaider : The Movie 3D
1973年の特撮 ★3

飛び出す代わりに色がなくなる 「'73春東映まんがまつり」の一編として上映された立体映画。映画館では赤と青のメガネ(アナグリフ式メガネ)を配って鑑賞してもらったそうだ。DVDを見る (...)

劇場版 大鉄人17 空中戦艦

劇場版 大鉄人17 空中戦艦

Daitetsujin 17 Kuchu Senkan
1977年の特撮 ★3

シリーズの分岐点 第15話「ゴメス! 戦場に散る」の再編集版。この第15話を機にテコ入れされ、『大鉄人ワンセブン』はコミカル路線に傾倒していく。私はもちろん、前半の寡黙なワンセブン (...)

劇場版 大鉄人17

劇場版 大鉄人17

Daitetsujin 17
1977年の特撮 ★2

「ブレインがみずからの意志で動いたとしたら?」 第1話と第2話の再編集版。 三郎少年とワンセブンが出会い、ローラーロボットを倒すまでを描いている。ストーリーの区切りとしては正しいが (...)

ページ先頭へ