ドグラ・マグラ Dogura Magura

1988年 日本映画 3ツ星 狂気 病院 記憶操作

いい意味でよくわからない、と言いたかった

原作は未読。読むべきか迷っていたけど、実写映画が高く評価されていると聞き、鑑賞してみる。結果、原作を読むべきか、さらに迷うことに。期待通りの面もあれば、そうじゃないところもある。実写化に際して変質してしまったのか? 元からこうなのか?

虚実ないまぜの表現はおもしろいが、ただ異常な世界だけでは魅力がない。正木先生が自殺していても、若林先生が千代子殺しの犯人だとしても、主人公(私)の正体は呉一郎しか考えられない。誰かがウソをついているにしても、ウソをつく理由がない。もちろん狂っていればべつだが、みんな狂っているで済ませるのはもったいない。

とはいえ、雰囲気はよかった。精神病院の背景美術もよくできてる。このイメージをふまえ、小説を読んでみるしかないようだ。

関連エントリー

1988年 日本映画 3ツ星 狂気 病院 記憶操作
エンジェル ウォーズ

エンジェル ウォーズ

Sucker Punch
2011年の外国映画 ★4

むしろストーリーに注目 日本刀と重火器で武装したセーラー服の美少女が、サムライやドラゴン、ロボットと戦う映画と聞いていたが、まさにそんな映画だった。オタク趣味全開。中二病フルスロッ (...)

シャッター アイランド

シャッター アイランド

Shutter Island
2010年の外国映画 ★4

注目すべきは真相じゃない 真相が明かされても、「そうだったのかッ!」と納得できなかった。現実と幻想がごっちゃになりすぎて、どの事象にもべつの解釈ができるからだ。こうなると理性は役に (...)

白い恐怖

白い恐怖

Spellbound
1945年の外国映画 ★4

魅せるなぁ。 あらすじ  マーチソンが退任し、新院長としてエドワーズ博士(グレゴリー・ペック)が就任する。女医コンスタンス(イングリッド・バーグマン)は恋愛に興味なかったが、エドワ (...)

パコと魔法の絵本

パコと魔法の絵本

PACO and The Magical Book
2008年の日本映画 ★1

現実には夢も希望もない コンセプト的には『妖怪大戦争』と同じ。子どもをダシにした芸能人コスプレ大会であり、悲劇性がある分、始末に負えない。派手な映像表現に驚くことはあるが、感動を呼 (...)

RAY THE ANIMATION (全13話)

RAY THE ANIMATION (全13話)

RAY THE ANIMATION
2006年のアニメ ★3

突き抜けないけど、意外に楽しめた まず第1話に吹っ飛んだ。レイという特殊能力者がふつうの病院にやってきたと思いきや、バトルナースに回転院長。ここは魔神の巣窟だった。 そのハイテンシ (...)

CURE

CURE

CURE
1997年の日本映画 ★4

『CURE』じゃわからん! こわい映画だった。引きの構図が多く、舞台を見ているような不安感、虚構感が物語に合っていた。 伝道師(萩原聖人)の風貌、声、口調もばっちり。的外れな質問を (...)

ページ先頭へ