大巨獣ガッパ Gappa the Triphibian Monsters

1967年 特撮 4ツ星 家族 怪獣

怪獣の親子愛に感動した

東宝の『ゴジラ(1954)』につづき、大映が『大怪獣ガメラ(1965)』を、松竹が『宇宙大怪獣ギララ(1967)』を、そして日活が世に送り出した怪獣映画が本作『大巨獣ガッパ』である。あいにくヒットせず、これ1本きりで終わってしまったが、忘れ去るには惜しい魅力がある。

たしかに二番、三番、四番煎じだが、2体のガッパが並ぶところは絵になるし、それが愛情に満ちた夫婦となれば鮮烈な印象を残す。雌ガッパが巨大タコをくわえていたのは、子どもに食べさせるためだったらしい。細かい演出が光る。
ラストで親子が抱き合い、子が飛び方を教わるシーンは感動的だ。もはや彼らを「怪獣」と呼ぶことはできない。人間以上に人間らしい怪獣だった。

怪獣
東宝
ゴジラ:昭和
ゴジラ:平成
ゴジラ:ミレニアム
モスラ
フランケンシュタイン
東宝怪獣
大映
ガメラ:昭和版
ガメラ:平成三部作
ガメラ:新生版
大魔神
ほか
ウルトラシリーズ
松竹怪獣
怪獣:ほか
ゲーム・アニメ・CG映画
海外制作
海外制作

関連エントリー

1967年 特撮 4ツ星 家族 怪獣
モーレツ怪獣大決戦

モーレツ怪獣大決戦

Moretsu Kaijuu Daikessen
2005年の特撮 ★2

いいなぁ。 内容について語ることはない。ひどいもんだが、そもそもクオリティを求めちゃいないだろう。どんな連中が、どんな経緯で制作したか知らないが、まー、楽しそうだ。 やってみたいこ (...)

パシフィック・リム: アップライジング

パシフィック・リム: アップライジング

Pacific Rim: Uprising
2018年の外国映画 ★3

「怪獣の名前は私が勝手につけた!」 『パシフィック・リム』(2013)の続編。なんも知らずに見たので、まぁ、楽しめた。もともとストーリーやドラマは期待してなかったし、ロボットと怪獣 (...)

レディ・プレイヤー1

レディ・プレイヤー1

Ready Player One
2018年の外国映画 ★3

結局、リアル至上か。  停滞した未来社会で、人々はVR世界「OASIS」に熱狂していた。莫大な遺産と運営権をめぐって、若者たちと企業が激突する。VR世界ではハリウッドだけでなく、日 (...)

海底二万哩 / 海底2万マイル / 海底20000マイル

海底二万哩 / 海底2万マイル / 海底20000マイル

20,000 Leagues Under the Sea
1954年の外国映画 ★3

見ごたえがある。 CGはない。すべてセット? それにしては大きい。ミニチュアで合成? そんな機材がすでにあったのか。気がつけば映像に圧倒されている。古い映画なのに。 リベット打ちさ (...)

巨神兵東京に現わる

巨神兵東京に現わる

Giant God Warrior Appears in Tokyo
2012年の特撮 ★3

メイキングを作るための本編 庵野監督が特撮技術の衰退を惜しみ、その技巧を作品として残そうとした。その心意気や、よし。しかし出来上がった作品が、「CGならもっとできたのに」と思わせて (...)

パシフィック・リム

パシフィック・リム

Pacific Rim
2013年の外国映画 ★4

その手があったか! 怪獣は海からやって来る。だから壁で都市を守る。怪獣の強さはレベルで区分され、少しずつ強くなっている。対応できるのは巨大ロボットのみ。2人のパイロットが精神を同調 (...)

ページ先頭へ