[レビュー2005年03月12日に発表された 

あずみ2 Death or Love Azumi 2 Death or Love

チャンバラ 忍者 時代劇
更新日:2009年04月10日(金) 15:25 [Edit]

栗山千明だけが素晴らしい

前作以上に薄っぺらになった2。仲間もノルマ(敵)も減ったので、モチベーションダウンしちゃった感じ。前作キャラの使い回しじゃ新しい風にもならず、よどんだ空気のまま終わってしまった。
そんな中、栗山千明の演技が際立つ。役柄やセリフはステレオタイプだが、演技によって輝くとは思わなかった。彼女の哲学や半生に興味が向いてしまうよ。

サブタイトルの「Death or Love」だが、あんまり二択になってないよね? 「Misson or Love」ならわかるけど。いずれにせよ使命も愛も中途半端で、悩むほどの話じゃなかった。
せめて笑えるところがあれば、あと1点追加できたのだが……。

関連エントリー