[レビュー1965年12月19日に発表された 

エレキの若大将 Elec no Wakadaisho

学校
更新日:2011年02月11日(金) 08:46 [Edit]

かつて日本にも、こんな時代があったのか

2011年にリマスター版を鑑賞。高度経済成長期の日本。貧富の差や理不尽は多いが、誰もが明日に希望を持っていた。無鉄砲な若者たちの青春を見ると、日本じゃないみたい。
ぶっちゃけ、いまのセンスで見て楽しい映画とは言えないが、親たちの青春時代をのぞき見るような楽しみがあった。もちろん、実際はこんなに派手じゃなかっただろうけどね。

若大将は天に愛されている。若大将が参加する集団は栄え、若大将に害するものはすべからく自滅する。冷静に分析するとおもしろいキャラクターかもしれない。