劇場版 AIR AIR: The Movie

2005年 アニメ 3ツ星 セカイ系 ハーレム 家族 障害

演出が空回りしてるよ

監督は映画を制作するにあたって、ゲームをプレイしたはずだが、どんな印象をもったのだろう? 私と同じように、萌えるとか泣ける以前に、不可解に思ったのかもしれない。それで自分なりに再解釈して、筋が通るものにしようと努力したが、大幅に変えることはできないので、中途半端な出来になってしまった。そんな印象を受ける劇場版だった。

それはそれとして、演出の迫力はすごいね。中途半端なところで、すさまじい演出がかかるから面食らってしまう。作画枚数や制作期間に制限があったのだろうか? いくらなんでもやりすぎだよ。

演出は疑問だが、うまくまとめたと思う。
メインターゲットの方々(ファン)には、どう評価されたんだろう?

Key
ゲーム
  • ONE - 輝く季節へ - (PS)
  • Air (PC)
アニメ

関連エントリー

AIR 総集編

AIR 総集編

2005年のアニメ ★2
AIR (全12話)

AIR (全12話)

2004年のアニメ ★4
Angel Beats! (全13話)

Angel Beats! (全13話)

2010年のアニメ ★1
エスター

エスター

2009年の外国映画 ★4
深紅

深紅

2005年の日本映画 ★3
どですかでん

どですかでん

1970年の日本映画 ★3
明日の記憶

明日の記憶

2006年の日本映画 ★5
解夏

解夏

2003年の日本映画 ★2
ジョンQ -最後の決断-

ジョンQ -最後の決断-

2002年の外国映画 ★3
輪るピングドラム (全24話)

輪るピングドラム (全24話)

2011年のアニメ ★3
AIR IN SUMMER (全2話)

AIR IN SUMMER (全2話)

2005年のアニメ ★2
Iris.Fall (PC)

Iris.Fall (PC)

2018年のゲーム ★2
ファインディング・ドリー

ファインディング・ドリー

2016年の外国映画 ★3
スタイフルド / Stifled (PC)

スタイフルド / Stifled (PC)

2018年のゲーム ★2
コップランド

コップランド

1997年の外国映画 ★3