[レビュー2005年03月27日に発表された 

巷説百物語 狐者異(こわい) Requiem from the Darkness KOWAI

探偵 推理 時代劇
更新日:2011年05月10日(火) 11:45 [Edit]

しょんべん、長すぎ

友人に原作小説を薦められたが、文体になじめず途中で返してしまった。映像化された本作を見ると、やはりなじめない。この物語の魅力はどのへんにあるのだろう?
映像化の問題も大きいかもしれない。もっとも不快なのは、繰り返される小便。なぜこんなに多いのか? 理解に苦しむ。主人公・百介の人物像がコミカルなのも奇妙。ふざけた世界観で、妖怪が存在しないリアルが浮いている。

トリックの骨子はおもしろいけど、キャラクターになじめなかった。

関連エントリー