電車男 Train Man

2005年 日本映画 3ツ星 コメディ 実話に基づく 恋愛 電脳

現代版『みにくいアヒルの子』

『電車男』は恋愛ドラマであると同時に、オタクが自分の殻を打ち破る物語である。しかしそれはオタクの否定ではないはず。この映画だと、オタク(みにくいアヒルの子)が一般人(白鳥)の仲間入りするだけに見える。オタクはそんなに駄目な存在なのか。そこには、上にいる者が下の者を引き上げてやろうとする歪んだ慈愛が見え隠れする。
演出をみてもそうだ。電車男はオタク記号の集合体でリアリティがない。彼女を捜すため、夜の町を走り回るなんて、ドラマティックと言うよりファンタスティックだよ。テレビドラマもそうだが、制作者はオタクと馬鹿を混同しているのではないか?

でもまぁ、思っていた以上に楽しめた。ネット住人たちのドラマ(生活の変化)を描いたのはいいね。電車男に影響し、電車男から影響を受けている。彼らの存在が、物語に奥行きを与えている。最後までみると、エルメスは電車男のどこに惚れたのか、電車男は相手にしてもらえるなら誰でもよかったのではないか、といった疑問が頭をよぎるが、まぁ、気にしても意味はないだろう。電車男は、そーゆーことにこだわらない世界へ行ってしまったのだから。

オタク文化を扱った作品
アニメ
特撮
邦画
テレビドラマ
洋画

関連エントリー

2005年 日本映画 3ツ星 コメディ 実話に基づく 恋愛 電脳
電車男 (テレビドラマ・全11+2話)

電車男 (テレビドラマ・全11+2話)

Densha Otoko (live-action TV)
2005年の日本ドラマ ★2

オタクは知能障害者ではない 美男美女のぜいたくな悩みではなく、男の純愛を真正面から描いたストーリーは好感がもてる。しかしオタクの描写はあまりにもひどい。自宅でミリタリーグッズを着込 (...)

風立ちぬ

風立ちぬ

The Wind Rises
2013年のアニメ ★5

いやいや、おもしろかった 宮崎監督は製作意図について、下記のように述べている。 この映画は戦争を糾弾しようというものではない。ゼロ戦の優秀さで日本の若者を鼓舞しようというものでもな (...)

オスカー・ワイルド

オスカー・ワイルド

Wilde
1997年の外国映画 ★3

ちょっと、かなり、不親切 ストーリーの骨子はおもしろい。と言うか、実話だから重みがある。しかし説明も演出も足りないから、オスカー・ワイルドの人生を知らない人は途方に暮れるだろう。ボ (...)

ポカホンタス

ポカホンタス

Pocahontas
1995年の外国映画 ★2

いくじなし 2013年に鑑賞。『アバター』(2009)の原作かと思った。シンプルで、普遍的な魅力にあふれているが、ポカホンタスが実在の人物であり、史実とまったく異なることを踏まえる (...)

アンナと王様

アンナと王様

Anna and the King
1999年の外国映画 ★3

正解がなくても生きていく 中盤までアンナの言動がきらいだった。世界中どこに行っても自分のやり方を押しつけるアメリカみたいな女だと思っていた。その印象が払拭されたわけではないが、最後 (...)

タイタニック

タイタニック

Titanic
1997年の外国映画 ★5

結末がわかっていても、目が離せない ジャックの格好良さは異常。いねぇよ、こんなヤツ。でもこれはローズの思い出だから美化されているのかも(あるいはボケ?)。しかし思い出であればこそ、 (...)

ページ先頭へ