ふくろうの河 La rivière du hibou

1963年 外国映画 3ツ星

ストーリーを知っていれば楽しめる

もともと3部作の1つだった短編映画(白黒28分)。高く評価され、「トワイライト・ゾーン」のエピソード(An Occurrence at Owl Creek Bridge (#142 S5E22)(1964))として放送された。
原作はアンブローズ・ビアス「アウル・クリーク橋の出来事」。「ふくろうの河」という邦題には、カタカナ表記を避ける60年代の配慮がうかがえる。私は原作小説を読んでから映画を見たが、それでもストーリーを追うのは難しかった。なにも知らずに見た人は呆然となったのではあるまいか。そのくらい劇中の説明はなく、演出は観念的だ。

こうした傾向は本作にかぎらない。黒澤明の『羅生門』(1950)だって、観念的な演出が多い。当時の視聴者は真剣に映画を見て、その意味を深く洞察する能力があったのかもしれない。逆に言えば、この半世紀で映画は格段にわかりやすくなった。ビタミン剤はビタミンの補給に適しているが、そればかり摂取すると果実からビタミンを摂取する能力が衰えるそうだが、ちょっと考えちゃうよね。

妄想リメイク(ゆっくり文庫)

私なりに翻案した動画を作ってみたので、よかったら見てください。

関連エントリー

1963年 外国映画 3ツ星
リトルナイトメア2 / LITTLE NIGHTMARES II (PC)

リトルナイトメア2 / LITTLE NIGHTMARES II (PC)

LITTLE NIGHTMARES II
2021年のゲーム ★3

子ども vs 大人、じゃない。 怪電波に支配された世界。主人公は紙袋をかぶった少年モノは、レインコートの少女シックスと出口を探す。しかしシックスはモノを裏切る。モノは怪電波の支配者 (...)

藪の中

藪の中

1996年の日本映画 ★2

なぜ古典を題材に? 芥川龍之介「藪の中」の映像化作品だが、独自の翻案で意味不明な作品に仕上がっている。時系列が飛んで、夢と現実が錯綜し、さらに幻覚で目がくらむ。もう、なにがなんだか (...)

コードギアス 反逆のルルーシュ ナナリーinワンダーランド

コードギアス 反逆のルルーシュ ナナリーinワンダーランド

CODE GEASS Lelouch of the Rebellion NuNNALLY IN WONDERLAND
2012年のアニメ ★4

「あの年中無休近親相愛夢想兄にしてこの妹ありだな」 『コードギアス』のピクチャードラマ。『不思議の国のアリス』をモチーフに、フルキャスト出演で、やたら作り込まれている。40ページの (...)

Fibrillation HD (PC)

Fibrillation HD (PC)

Fibrillation HD
2017年のゲーム ★2

精神異常者が見る夢。 一人称視点で、よくわかからない世界を放浪するゲーム。見えるゴールはないから、行けるところに行って、起こせるイベントを起こすだけ。なにかを探すという目的意識もな (...)

Last Light (PC)

Last Light (PC)

Last Light
2021年のゲーム ★2

イジメはストレス。 立ち絵とデフォルメキャラと、イベントシーンの止め絵と、声のギャップに戸惑う。おびえるフユカの顔を見ないように、マップに集中する。ゲームとして特筆すべき点はない。 (...)

009 RE:CYBORG

009 RE:CYBORG

009 RE:CYBORG
2012年のアニメ ★2

覚悟していた以上にグタグタ。 2010年。当初は押井守が監督する予定だった。『攻殻機動隊』のセルフオマージュで、「Re」というタイトルに興奮した。石ノ森章太郎から受けた刺激に、どう (...)

ページ先頭へ