不都合な真実 An Inconvenient Truth

2007年 外国映画 4ツ星 ドキュメンタリー 実話に基づく

この映画が批判される現実がこわい

ドキュメンタリーと言うより、ゴア氏の講演ビデオ。あいまにゴア氏のメッセージが挿入されるが、ブッシュvsゴアの対決を知らない人には、ゴア氏の無念さが伝わりにくいかもしれない。元副大統領の講演だけあって、政治的であることは否めないが、だからといってデータを無視できるわけじゃない。
本作への批判は多い。イギリスでは裁判所に「9ヶ所事実誤認している場所がある」と指摘され、アメリカではゴア氏の家屋の値段や場所が注目されるようになった。100%真実じゃないから駄目とか、発言者が嫌いだから駄目とか、データを無視しようとする風潮が怖い。大丈夫か、地球?

悲観的なデータを並べるばかりでなく、やればできると希望を示す構成はよかった。「環境問題に取り組む政治家に投票を、駄目なら自分で立候補を」とうながすところがお気に入り。こういう政治家を応援したい。

関連エントリー

2007年 外国映画 4ツ星 ドキュメンタリー 実話に基づく
アメリカを震撼させた夜

アメリカを震撼させた夜

THE NIGHT THAT PANICKED AMERICA
1975年の外国映画 ★4

動き出すと止められない  1938年、オーソン・ウェルズがラジオドラマ「宇宙戦争」を放送すると、あまりにも迫真だったため市民がパニックを起こしたと言う。なかば伝説と化しているエピソ (...)

トラ・トラ・トラ!

トラ・トラ・トラ!

Tora!Tora!Tora!
1970年の外国映画 ★5

本物の戦争を見られる映画 真珠湾攻撃における日米両陣営の動きを公平に、かつ史実にそって描いている。こんな映画を、ベトナム戦争の真っ最中に上映できるアメリカはすごい。 ドキュメンタリ (...)

あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機

あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機

Ano Sensou ha Nandattanoka
2008年の日本映画 ★4

教訓は活かされているか? 開戦の経緯を学ぶ上で、とてもタメになる内容だった。もちろん、人物や事件の描き方には異論もあるだろうが、すかすかの教科書で勉強するよりずっと有意義だろう。東 (...)

月世界旅行&メリエスの素晴らしき映画魔術

月世界旅行&メリエスの素晴らしき映画魔術

Le voyage extraordinaire
2011年の外国映画 ★5

「困難なことはすぐやれ。不可能なことは少し時間を」 いかにして映画は生まれたか? ジョルジュ・メリエス監督のアイデア、努力、栄光、そして挫折。その背景に、現実が空想を追い越す時代が (...)

忘れたフリをして / 船場センタービル50周年記念短編アニメーション  (13分)

忘れたフリをして / 船場センタービル50周年記念短編アニメーション (13分)

2020年のアニメ ★2

これはこれで... 作者が「うつ」を経験し、「うつ」を考えずにいられなかった事情はわかった。むろん船場センタービルには関係ないし、プラスのイメージもない。それでも船場センタービルは (...)

I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザー

I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザー

I Am Your Father
2015年の外国映画 ★3

不遇だが不幸ではなかった、と思いたい。 ダース・ベーダーの中の人を演じながら、いなかったことにされたデヴィッド・プラウズ。プラウズはどんな人物で、なぜルーカスフィルムに無視されたの (...)

ページ先頭へ