GR -GIANT ROBO- (全13話) GR -GIANT ROBO-

2007年 アニメ 2ツ星 カルト クトゥルフ神話 ロボット 主人公は子ども

破綻してる

ロボットはかっこいい。設定もおもしろい。しかしストーリーがわからない。主人公が属する組織(UNISOM)、敵対するテロ組織(GRO)、さらにはマスコミ(BFN)を含め、どこに正義があるのか? おまけに黒幕は投資家だって? なんとも夢がない。

草間大作の純真さは、ひどく薄っぺらに見える。ヴィーはさらに共感しづらい。GRが全滅したら、あえてGR0で滅ぼす必要もないだろう。GR1がアバターなしで動いた理由もあいまいだ。いろいろ考えると、設定にも穴がある。
旧神の再来をほのめかすだけでなく、実際に招来すればよかったのだ。そうすればGR0を出すまでもなく、人類は絶望の淵に立たされるのだから。

大作の母が子どもに愛した人の面影を求めていたり、マッケンジーがふいにキスするシーンはよかった。ホッジス少佐が戦争論を語りつつ、大作に料理を分けるなど、細かな描写はいい。1クールでは足りなかったのだろうか。
よく見たら、シリーズ構成は小中千昭さん。あぁ、納得。

横山光輝
アニメ
実写映画
ほか

関連エントリー

2007年 アニメ 2ツ星 カルト クトゥルフ神話 ロボット 主人公は子ども
ザ・ヴォイド 変異世界

ザ・ヴォイド 変異世界

The Void
2016年の外国映画 ★3

こーゆーのは好きだけど... 病院を舞台にしたサバイバルホラー。映像は高精細で、構図もよい。外はカルト集団、中には不審者とモンスターと、グッドな配置で期待は高まる。 しかし幻覚が入 (...)

H・P・ラヴクラフトのダニッチ・ホラー その他の物語

H・P・ラヴクラフトのダニッチ・ホラー その他の物語

H.P. Lovecraft's The Dunwich Horror and Other Stories
2007年の特撮 ★4

私にとっては答え合わせ 家のなかの絵 ... 狂気に蝕まれていく展開は、こうしてビジュアルでみるとわかりやすい。 ダニッチ・ホラー ... B級ホラーのようだが、やや的外れ。こ (...)

クーデルカ (PS)

クーデルカ (PS)

KOUDELKA
1999年のゲーム ★4

あと一歩で名作として名を残せたかも あらすじ 1898年のイギリス。女霊媒師、冒険家、バチカンの司教の3名が、それぞれの目的でネメトン修道院を訪れる。そこは死体が散乱し、魔物が徘徊 (...)

ナインスゲート

ナインスゲート

The Ninth Gate
1999年の外国映画 ★2

稀覯書を、手袋ナシでさわるな! 細かいところでリアリティがないので、サスペンスの緊張感は乏しい。主人公の判断が物語に影響を与えることもなく、予定されたイベントをただ消化していくだけ (...)

パラダイム

パラダイム

Prince of Darkness
1987年の外国映画 ★3

わけがわからないけど、じわじわ怖い! 700万年前になにがあったのか? 教授や神父はなにをしようとして、どうミスしたのか? あの液体はなに? どうして浮浪者が集まってくるの? 明確 (...)

ヤング・シャーロック ピラミッドの謎

ヤング・シャーロック ピラミッドの謎

Young Sherlock Holms: Pyramid of Fear
1985年の外国映画 ★3

ホームズじゃなくていいじゃん 前半はいいけど、後半の冒険活劇はいかがなものか。魔法が存在するなら、推理の根底が崩れ去る。こんな経験をしたら、探偵にはならないと思うぞ。 しかし若く、 (...)

ページ先頭へ