エアポート'75 Airport 1975

1974年 外国映画 3ツ星 パニック 災害救助 飛行機

いま見ると荒削りだが、航空パニックの元祖

次の展開が予測できるのに、なかなか実現しなかったり、あるいは経緯がすっ飛ばされたりする。ジャジャーンッ!と激しい音楽が流れるわりに、画面の緊張感が高まらない。独特のリズムに戸惑うが、完成度が低いわけじゃなく、当時はこういうスタイルだったのだろう。

コックピットに乗り移ろうとした空軍パイロットのことが、どうしても気になる。死亡フラグ(事前の人物描写)がなかったので、すごいショック。事件が解決してみんな大喜びだけど、空軍パイロットの関係者はどう思っていたのだろう。あぁ、気になる。

関連エントリー

1974年 外国映画 3ツ星 パニック 災害救助 飛行機
カサンドラ・クロス

カサンドラ・クロス

The Cassandra Crossing
1976年の外国映画 ★4

自分なら従うか? ジュネーブ発ストックホルム行きの国際列車で、謎の感染症が広まる。細菌兵器を浴びたテロリストが列車に逃げ込んでいたのだ。事態を察知した当局は列車を乗客ごと密閉した. (...)

世界沈没

世界沈没

End Day
2005年の外国映画 ★3

低俗でも見ちゃう。 「世界の終り」を4つのパターンで描く。古いテレビにエンドクレジットが流れ、科学者が目覚め、粒子加速装置実験に向かおうとするシーンにはじまり、世界の終わると、時間 (...)

タワーリング・インフェルノ

タワーリング・インフェルノ

The Towering Inferno
1974年の外国映画 ★4

見事なバランス 人災を扱ったパニック映画で、人間の醜悪さが強調されすぎると、怒りが湧いて映画に集中できなくなる。しかし本作のバランスは絶妙だった。 ダンカン社長は避難を即決しなかっ (...)

2012

2012

2012
2009年の外国映画 ★2

ストーリーは期待するな 映像はすごい。とりわけリムジンで崩壊する都市を突っ走るシーンは圧巻だった。洪水も迫力がある。しかし、まぁ、それだけ。 ストーリーは無茶苦茶。無価値な人々が思 (...)

日本沈没

日本沈没

Nihon chinbotsu
2006年の日本映画 ★1

ぬるすぎる破滅 オープニングの火山爆発が、この映画のラストでないとわかったときのショックを、どう表現すればいいだろう。シーン1つ1つは悪くないけど、つなげるとズタボロ。どうしてこう (...)

トルネード / 巨大竜巻発生

トルネード / 巨大竜巻発生

Tornado - Der Zorn des Himmels
2006年の外国映画 ★2

気持ちはわかるけど、プロとしてどうなのよ 科学者が未来の危機を予測するも、まったく相手にされない。そして可能性は現実のものとなる。 ここまではいいのだが、親父が負けを認めているのに (...)

ページ先頭へ