[レビュー1992年08月28日に発表された 

ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の七日間 Twin Peaks : the Last Seven Days of Laura Palmer

刑事・警察 狂気
更新日:2013年06月26日(水) 13:48 [Edit]

ここまで難解な作品だったとは

私はテレビシリーズを見ずに鑑賞したため、まったく意味不明だった。のちにテレビシリーズを制覇した人にも意味不明だったと知って、少し安心する。そうだよね、わけがわからないよね。
クーパー捜査官は鮮烈だった。サスペンスでは相棒と会話しながら推理していくものだが、クーパーは「ダイアン」に話しかけることで解決している。おまけにクーパーは特殊な性格なので、なにが常識なのか見失ってしまう。
クーパー以外のキャラクターやシーンはほとんど覚えていない。赤い服がひらひら待っていて、気持ち悪かった。途方に暮れるばかりだが、本作はこういうものらしい。

これほど世間を騒がせた人気テレビドラマが、まさか場当たり的に作られていたとは。想像だにしなかった事件の真相である。

関連エントリー