のっぺらぼう / モノノ怪 (6-7話) Nopperabou - Mononoke

2007年 アニメ 3ツ星 モンスター:妖怪 密室 文学・古典・童話 時代劇

「味噌で煮ようが塩で焼こうがサバはサバ」

ふたたび密室(牢)からスタート。今回のテーマは「誰を殺したか?」。いきなりモノノ怪が登場するが、解決に至らず、物語は空想世界に滑り落ちてゆく。なるほど真実ならざるお面は、「のっぺらぼう」と同義か。
牢と思っていた場所が、そうでなかったのは驚いたが、なにが起こって、どうなったのかは曖昧すぎる。お蝶が殺したのは自分自身で、一家惨殺は妄想だったのか? それなら、お蝶を牢から救いに来たキツネ面の男を、薬売りが斬る意味がない。難解と言うより、破たん気味な印象。

それと、お蝶の器量よしは、もっと強調されてよかったのではないか。彼女は、表層の顔ばかり評価されて、内面を無視されてきたわけだから、これも「のっぺらぼう」であったはず。これを組み込むと、別の話になっちゃうかな。

関連エントリー

2007年 アニメ 3ツ星 モンスター:妖怪 密室 文学・古典・童話 時代劇
海坊主 / モノノ怪 (3-5話)

海坊主 / モノノ怪 (3-5話)

Umibouzu - Mononoke
2007年のアニメ ★2

真実はそれほど残酷ではなかった 今回は海上の密室。船とは思えぬ広大な造りは見事だが、視覚情報が多すぎて困惑する。テーマは「誰が船を魔の海域に誘導したか?」。しかし乗客が8名(娘、僧 (...)

怪談百物語 (全11話) 火曜時代劇

怪談百物語 (全11話) 火曜時代劇

100 Tales of Horror
2002年の日本ドラマ ★4

いいものもあれば、そうでないものもある 有名な怪談話を大胆にアレンジしている。一話完結型のオムニバスドラマだが、共通の目撃者──陰陽師・蘆屋道三(竹中直人)を設定したのもいいね。魅 (...)

魔性の夏 四谷怪談より

魔性の夏 四谷怪談より

Masho no natsu - 'Yotsuya kaidan' yori
1981年の日本映画 ★2

ストレートな映画化 上映時間の2/3は、伊右衛門によるお岩さん虐待に費やされる。萩原健一は典型的な駄目男をリアルに演じており、それゆえ、胸焼けする。なんの落ち度もない美女がいじめら (...)

怪談雪女郎

怪談雪女郎

Kaidan yukijorô
1968年の日本映画 ★4

妖怪から観音様へ 誰もが知ってる昔話を、よく80分の映画にふくらませたもんだ。しかも、おもしろい。主人公を仏師にして、観音様を掘るというテーマを与えることで、雪女との関係に大きな意 (...)

座敷童子 / モノノ怪 (1-2話)

座敷童子 / モノノ怪 (1-2話)

Zaraki Warashi - Mononoke
2007年のアニメ ★3

状況把握に時間がかかる 『怪 -ayakashi-』のスピンオフ作品で、その映像クオリティは高く、ストーリーも秀逸。場所と人物を限定した推理ドラマのようなスタイルも興味深い。しかし (...)

鵺 / モノノ怪 (8-9話)

鵺 / モノノ怪 (8-9話)

Nue - Mononoke
2007年のアニメ ★4

争奪されてこそ宝 今回の舞台は、雪が降り積む大きな公家屋敷。「香道」という知名度の低い題材を取り上げたのは意欲的だ。香りや気分の高揚を、色彩で表現したのも見事。しかし「香道」を学ぶ (...)

ページ先頭へ