[レビュー1970年10月31日に発表された 

どですかでん Dodesukaden

家族 狂気 障害
更新日:2009年04月11日(土) 04:57 [Edit]

これほどインパクトのある映画には、もう出会えないだろう

みんな独特のリズムがあって、長く見てると精神の均衡を崩しそうになる。貧しくて、愚かで、弱くて、病んでいるのに、抗しがたい魅力があるからヤバイ。

よくこんな映画を撮れたもんだ。
キャラクターやエピソードは、どうやって考えたのだろう? 狂っていなければ思いつかないが、狂っていたら映画にならない。迫真すぎるし、絶妙すぎる。

この映画を見たことを、じつはちょっと後悔している。
彼らのリズムが頭から離れないのだ。どん底に魅力を感じてしまっては、社会生活を営めない。
困った映画を見てしまった。

関連エントリー