ALAN WAKE (Xbox360) ALAN WAKE

2010年 ゲーム 4ツ星 ★妄想リメイク 狂気

「湖じゃない。海だ」

あらすじ

小説家のアラン・ウェイクは、休暇に訪れたブライトフォールズで、妻アリスの失踪をめぐる怪事件に巻き込まれる。さまざまな出来事は、書いた覚えのない自分の小説に記されているとおりだった。未来を予知した小説なのか、書いたことが現実になっているのか。アランは現実と創作の境界をさまようことになる。

なかなか私好みの世界観だが、恐れていたとおり破綻してしまった。やっつけラストに腰骨が砕ける。ちゃんと考えてから作ってくれよ。つづきはダウンロードコンテンツで描かれるらしいが、そーゆー商売はモラルに反している。結末がないなら、「第一部」とか「前編」と題してほしい。

戦闘パートはよくあるTPS。懐中電灯で戦うのはおもしろいが、闇のベールを剥いだあとに銃弾を撃ち込むのは蛇足だろう。闇の住人たちは小説に取り込まれた人々らしいけど、なんの躊躇もなく発砲する小説家は、果たして想像力豊なんだろうか? それにつけても雰囲気は素晴らしい。海外ドラマのような演出も新鮮で、エピソード冒頭の「これまでのALAN WAKE」はありがたかった。

ドラマ再生モードがあればよかった。でももしあったら、ストーリーの破綻ぶりが目立ってしまっただろう。



Steam:Alan Wake

ALAN WAKE
本編・DLC
ほか
考察・妄想リメイク

関連エントリー

2010年 ゲーム 4ツ星 ★妄想リメイク 狂気
Neverending Nightmares (PC)

Neverending Nightmares (PC)

Neverending Nightmares
2014年のゲーム ★3

加工が足りない 開発者みずからの体験をもとに、精神病のつらさを知ってもらおうと制作されたゲームらしい。なるほど悪夢の怖さはよく表現されているし、雰囲気もいいのだが、ゲームとしては退 (...)

迷宮物語 Manie-Manie

迷宮物語 Manie-Manie

Neo Tokyo (Labyrinth Tales | Manie-Manie)
1987年のアニメ ★3

わけがわからないが、見てソンはない 全3話からなるオムニバスアニメ。タイトルが示すように、わけのわからないエピソードばかり集めている。いちおう眉村卓の小説が原作らしいが、どの監督も (...)

エルム街の悪夢 (リメイク)

エルム街の悪夢 (リメイク)

A Nightmare on Elm Street
2010年の外国映画 ★2

ただの変質者だった ディーンの告白を否定するクリス、クリスの不安を無視するジェシー、ジェシーの釈明を信じないナンシー、ナンシーの反撃をたしなめるクエンティン──。 ホラー映画では、 (...)

インセプション

インセプション

Inception
2010年の外国映画 ★4

目がまわる快感 おもしろかった。しかし、難しい。「エクストラクション」の説明が足りないまま、さらに特殊な「インセプション」がはじまるから、ついていくのは容易じゃない。一度見ただけじ (...)

零3 / 刺青の聲 (PS2)

零3 / 刺青の聲 (PS2)

Fatal Frame 3: The Tormented
2005年のゲーム ★2

ストーリーを置き去りにしないで! システムはよくなった。グラフィックスも進化している。だが、ゲームとしてはかったるい。難易度が高いわけではなく、あっちこっちの「お使い」が面倒なのだ (...)

リトルナイトメア2 / LITTLE NIGHTMARES II (PC)

リトルナイトメア2 / LITTLE NIGHTMARES II (PC)

LITTLE NIGHTMARES II
2021年のゲーム ★3

子ども vs 大人、じゃない。 怪電波に支配された世界。主人公は紙袋をかぶった少年モノは、レインコートの少女シックスと出口を探す。しかしシックスはモノを裏切る。モノは怪電波の支配者 (...)

ページ先頭へ