[レビュー1996年08月13日に発表された 

アラジン完結編 盗賊王の伝説 Aladdin and the King of Thieves

@ディズニー
更新日:2013年06月26日(水) 15:19 [Edit]

アラジン、成長しろ!

無条件で人を信じることは美徳ではない。ましてアラジンは王族との結婚を控えた身。周囲に与える影響を考えられないなら、アラジンに結婚する資格はない。子どもすぎる。
また盗賊王カシームも理解しがたい。家族のためと言いながら、家族を捨てる。封じられていた宝を取り外してから、捨てる。部下が大切と言いながら、全員を溺れさせる。盗みは卒業したはずなのに、また盗みに旅立った。わけがわからない。

『アリババと40人の盗賊』を引っ張ってくるのはいいが、未消化すぎる。そのせいでジーニーやジャスミンの出番が減ってしまい、アラジンの魅力は大きく損なわれてしまった。これが完結編とは残念でならない。

関連エントリー