ミラーズエッジ (Xbox360) Mirror's Edge

2008年 ゲーム 3ツ星 探偵

もっとシンプルに駆け抜けたい

未来都市を疾走する描写はいいね。FPSなので猛烈に酔うが、加速による視野狭窄や着地時の前転、息づかいによる臨場感は素晴らしい。基本ルートを赤い色で教えてくれる「ランナービジョン」も新鮮。部屋ごとに色が変わるセンスもいい。しかし戦闘はよくない。撃つにせよ、殴るにせよ、疾走感は失われる。いちいち戦うより、敵の頭上を駆け抜けたい。あと、自分の疾走を三人称視点でリプレイできるとよかった。

ストーリーも失速要因だ。アクションゲームにストーリーがさして重要でないことはわかっているが、未来社会の閉塞感を描かれてもおもしろくない。泥棒として逃げるとか、刑事として追うとか、もっとシンプルでいいと思う。
致命的なのはキャラクター。プロデューサーのコメントによると、「典型的な女性キャラクターから絶対に離れたい」そうだが、典型的な美少女でよかったんじゃないの? カートゥーン調のアニメパートも今ひとつ。このあたり、日本のアニメ制作会社に発注すればよかったのに。

妙なところをヒネって、ゲームの興奮を損ねている。思ったほど売れず、続編の制作が危ぶまれているそうだが、1本で終わらせるのはもったいない。

関連エントリー

デスノート Light up the NEW world

デスノート Light up the NEW world

2016年の日本映画 ★2
サイコ

サイコ

1960年の外国映画 ★4
RAMPO (SEGAサターン)

RAMPO (SEGAサターン)

1995年のゲーム ★3
屋根裏の散歩者 (実相寺監督版)

屋根裏の散歩者 (実相寺監督版)

1994年の日本映画 ★3
氷菓 (実写映画)

氷菓 (実写映画)

2017年の日本映画 ★3
獄門島 (長谷川博己#1)

獄門島 (長谷川博己#1)

2016年の日本ドラマ ★4
ミス・マープル/船上の殺人

ミス・マープル/船上の殺人

1964年の外国映画 ★3