007(21) カジノ・ロワイヤル 007 / Casino Royale

2006年 外国映画 4ツ星 #007 スパイ

生身の人間として、ボンドを描いている

超人と化したブロスナン・ボンドをリセット。新生ダニエル・ボンドは、スタイリッシュでありながら、生身の人間であることを強く印象づける。毒を飲まされたり、拷問されると、単身ではどうにもならない。一瞬の判断ミスが命取りになる。これまでのボンドにあった安心感(どうにかなるだろう)が払拭されると、過酷な世界で自身のスタイルを崩さないボンドのカッコヨサ、そして異常性が際立つ。
パートナーとなるヴェスパー(エヴァ・グリーン)が美しい。ボンドにも見抜けなかったポーカーフェイスは、本作のストーリーに大きく影響してくるが、内心はあまり描かれない。このあたりは続編で触れるのかもしれない。

冷静になって見直すと、ボンドはオープニングの売人を手始めに、そのボス、そのボスと、次々に関係者を始末している。あの手この手で妨害しても、仲間と運に守られて、どうにも排除できない。まるで死に神がスポンサーについているようだ。こんなエージェントに狙われたくないね。

あとボンドの誕生秘話が描かれると聞いていたけど、プロローグでちょっと触れただけなのは残念。でもラストの名乗りがかっこよかったので、満足。新生ダニエル・ボンドの誕生を祝いたい。

007シリーズ
ショーン・コネリー
ショーン・コネリー
ショーン・コネリー
ジョージ・レーゼンビー
ロジャー・ムーア
ロジャー・ムーア
ティモシー・ダルトン
ティモシー・ダルトン
ピアース・ブロスナン
ピアース・ブロスナン
ダニエル・クレイグ
ダニエル・クレイグ

関連エントリー

007(24) スペクター

007(24) スペクター

2015年の外国映画 ★3
007(07) ダイヤモンドは永遠に

007(07) ダイヤモンドは永遠に

1971年の外国映画 ★3
007(06) 女王陛下の007

007(06) 女王陛下の007

1969年の外国映画 ★4
007(04) サンダーボール作戦

007(04) サンダーボール作戦

1965年の外国映画 ★3
007(23) スカイフォール

007(23) スカイフォール

2012年の外国映画 ★3
007(22) 慰めの報酬

007(22) 慰めの報酬

2008年の外国映画 ★3
ネバーセイ・ネバーアゲイン

ネバーセイ・ネバーアゲイン

1983年の外国映画 ★3
007(05) 007は二度死ぬ

007(05) 007は二度死ぬ

1967年の外国映画 ★3
007(03) ゴールドフィンガー

007(03) ゴールドフィンガー

1964年の外国映画 ★4
007(14) 美しき獲物たち

007(14) 美しき獲物たち

1985年の外国映画 ★3
007(09) 黄金銃を持つ男

007(09) 黄金銃を持つ男

1974年の外国映画 ★3
007(08) 死ぬのは奴らだ

007(08) 死ぬのは奴らだ

1973年の外国映画 ★3
007(13) オクトパシー

007(13) オクトパシー

1983年の外国映画 ★2
007(16) 消されたライセンス

007(16) 消されたライセンス

1989年の外国映画 ★2
007(15) リビング・デイライツ

007(15) リビング・デイライツ

1987年の外国映画 ★3