ネバーセイ・ネバーアゲイン Never Say Never Again

1983年 外国映画 3ツ星 #007 スパイ

老兵は死なず、ただでは消えず

007シリーズの番外編で、『007 オクトパシー』の4ヶ月後に封切られた。本作だけ見ればコミカルな印象を受けるが、ロジャー・ムーアのボンドもマンネリ化していたので、いい刺激になったのではなかろうか。

むろん五十路を過ぎたコネリーに、往年のキレはない。しかし上司の叱責にめげず、隙あらば女性を口説き、ズルい手で勝ってしまうところは、憎たらしいほど愛嬌がある。コネリーピンチの時にピンチの顔になるから、ハラハラしてしまう。

ラスト、ショーン・ボンドは危ない仕事は「ネバー・アゲイン(もうたくさん)」と断るが、美女に微笑まれてウインクするあたり、まだまだ油断できない。007は死ぬわけでも、引退するわけでも、現役をつづけるわけでもない。けっこう秀逸な幕引きだったと思う。

それから、殺し屋ファティマとの駆け引きがよかった。「私以上の女はいない」と言い寄るファティマに、よりよい女を思い浮かべて顰蹙を買うボンド。「回顧録ではきみを一番に書くつもりだった」という弁解もすごいが、その場で書けと迫るファティマにも脱帽する。たまらないよ。

子どものころに見て、2012年にふたたび鑑賞したが、おもしろかった。見どころも多い。シリアスだけどコミカル。そのバランスがよかったと思う。

007シリーズ
ショーン・コネリー
ショーン・コネリー
ショーン・コネリー
ジョージ・レーゼンビー
ロジャー・ムーア
ロジャー・ムーア
ティモシー・ダルトン
ティモシー・ダルトン
ピアース・ブロスナン
ピアース・ブロスナン
ダニエル・クレイグ
ダニエル・クレイグ

関連エントリー

007(24) スペクター

007(24) スペクター

2015年の外国映画 ★3
007(07) ダイヤモンドは永遠に

007(07) ダイヤモンドは永遠に

1971年の外国映画 ★3
007(06) 女王陛下の007

007(06) 女王陛下の007

1969年の外国映画 ★4
007(04) サンダーボール作戦

007(04) サンダーボール作戦

1965年の外国映画 ★3
007(23) スカイフォール

007(23) スカイフォール

2012年の外国映画 ★3
007(22) 慰めの報酬

007(22) 慰めの報酬

2008年の外国映画 ★3
007(05) 007は二度死ぬ

007(05) 007は二度死ぬ

1967年の外国映画 ★3
007(03) ゴールドフィンガー

007(03) ゴールドフィンガー

1964年の外国映画 ★4
007(14) 美しき獲物たち

007(14) 美しき獲物たち

1985年の外国映画 ★3
007(09) 黄金銃を持つ男

007(09) 黄金銃を持つ男

1974年の外国映画 ★3
007(08) 死ぬのは奴らだ

007(08) 死ぬのは奴らだ

1973年の外国映画 ★3
007(13) オクトパシー

007(13) オクトパシー

1983年の外国映画 ★2
007(16) 消されたライセンス

007(16) 消されたライセンス

1989年の外国映画 ★2
007(21) カジノ・ロワイヤル

007(21) カジノ・ロワイヤル

2006年の外国映画 ★4
007(15) リビング・デイライツ

007(15) リビング・デイライツ

1987年の外国映画 ★3