茄子 スーツケースの渡り鳥 Nasu: A Migratory Bird with Suitcase

2007年 アニメ 2ツ星 スポーツ 日常を描く

舞台は日本だが、視点はイタリア人のまま

まるっきりジブリアニメ。絵柄だけでなく、サイクルロードレースというマイナースポーツを緻密に描くところに共通点を感じる。そして『紅の豚』と同じく、共感できる人は少ないだろう。

舞台は日本で、おまけに日本語で意思疎通できるが、親近感は湧かない。あくまでもイタリア人の目で見た「外国としての日本」が描かれているからだ。本当に日本人が作ったのか疑問に思うほど、センスが異なる。
ストーリーは盛り上がらないが、レースの興奮は本物。前作以上に臨場感がある。「今日はおれたちの日だ!」と言われれば、ぶるると気合いが入る。しかし急逝したマルコの扱いや、ザンコーニの不可解なリタイヤなど、やはり共感しづらい。
おもしろいけど、人に薦められない作品だ。

関連エントリー

2007年 アニメ 2ツ星 スポーツ 日常を描く
釣りバカ日誌 16 浜崎は今日もダメだった

釣りバカ日誌 16 浜崎は今日もダメだった

Tsuribaka Nisshi 16: Hamasaki wa Kyou mo Dama datta
2005年の日本映画 ★3

ハマちゃんの負担が大きい オープニングの社歌にはじまり、長崎でも歌いまくり。にぎやかだけど、なんだか尺稼ぎしているように見える。後半のハワイ行きもそう。おもしろいけど、だれる。 な (...)

釣りバカ日誌 14 お遍路大パニック!

釣りバカ日誌 14 お遍路大パニック!

Tsuribaka Nisshi 14: O-Henro Dai Panic!
2003年の日本映画 ★3

もう1人のハマちゃんだったかも シリーズ第16作。岩田課長(三宅裕司)はこのままレギュラーになってもおかしくないほどキャラが立っていた。ハマちゃんとのからみもいいが、弁当を机の引き (...)

花のお江戸の釣りバカ日誌

花のお江戸の釣りバカ日誌

Hana no O-Edo no Tsuribaka Nisshi
1998年の日本映画 ★2

なんか噛み合わない 舞台を江戸時代に変え、ハマちゃんを浪人に、スーさんを家老に、佐々木課長を大家に据えたのは見事。庄内藩の財政建て直しというテーマもいい。しかしストーリーはいまひと (...)

釣りバカ日誌 9

釣りバカ日誌 9

Tsuribaka Nisshi 9
1997年の日本映画 ★3

スーさんが離れていく 前半はハマちゃんの有能さが発揮され、痛快だった。新たに着任した馬場部長がハマちゃんと対立せず、その恩恵に浴する展開はよかった。もっとハマちゃんを評価してほしい (...)

釣りバカ日誌 8

釣りバカ日誌 8

Tsuribaka Nisshi 8
1996年の日本映画 ★3

歯車じゃなくて、油だよ ゲストカップルは榊和美(室井滋)と湯川省平(柄本明)。かたや横柄、かたや奇人で親しみがもてず、なのに、あっという間にゴールインして拍子抜け。ノルマ達成のため (...)

釣りバカ日誌 7

釣りバカ日誌 7

Tsuribaka Nisshi 7
1994年の日本映画 ★3

あなた好みの男になりたい ハマちゃんとスーさんが喧嘩して、仲直りするまで。いい歳した大人とは思えないほどネチネチ絡んで、突っぱねて、消沈して、平謝りしている。情けないかぎりだが、そ (...)

ページ先頭へ