モンスターズ・インク Monsters, Inc.

2001年 外国映画 4ツ星 モンスター 主人公は子ども 異世界に召還 @ディズニー:ピクサー

よくできてるなぁ

モンスターを描きたい。姿は不気味でも、心はピュアな連中がいい。モンスターは子どもを恐がらせることで、エネルギーを得ていることにしよう。怖がらせ屋──つまり、仕事だ。仕事として怖がらせているけど、中身は人間と同じで、じつは人間を恐れている。モンスターも人間も同じなんだ。そんなモンスター社会に、人間の子どもが迷い込んだら? モンスターはパニックになるけど、子どもと戦わせるのはまずい。モンスターたちも恐れる存在として、CDA(子供検疫局)を出そう。しかし子どもを人間界に返して終わりじゃ、味気ない。エネルギー問題を解決するようなオチにしよう。

そんなヤリトリがあったかどうかは知らないが、世界観と物語が「これしかない」と思うほど練りこまれている。
子どもがモンスターを恐れなくなった現代において、ふたたび子どもたちを怖がらせたいわけじゃない。子どもたちは見た目に惑わされず、相手のことを思いやる心を学んでほしい。わかりあえば、解決法は見つかる。込められたメッセージに、身が震える。素晴らしい。クレジットのNG集や、なんちゃってミュージカルまで、ポリシーが貫かれている。

ただ......子どもが楽しむのは難しいかもしれない。『トイ・ストーリー』は単純だから親子そろって楽しめるが、『モンスターズ・インク』は子どもを見守る親の視点で作られている。モンスターを働くお父さんに置き換えてほしいが、ヒントは少ない。しかしあんがい子どもは見抜くかもしれない。子ども向けに噛み砕かれた作品より、少し歯ごたえがある方が、長く楽しんでもらえるだろう。

それと「どこでもドア」倉庫のイメージが強烈だった。ああいうの大好き♪

ピクサー・アニメーション・スタジオ
映画
ほか

関連エントリー

ベイマックス

ベイマックス

2014年の外国映画 ★3
モンスターズ・ユニバーシティ

モンスターズ・ユニバーシティ

2013年の外国映画 ★4
ファインディング・ドリー

ファインディング・ドリー

2016年の外国映画 ★3
南の島のラブソング

南の島のラブソング

2015年の外国映画 ★2
Borrowed Time

Borrowed Time

2016年の外国映画 ★3
インサイド・ヘッド

インサイド・ヘッド

2015年の外国映画 ★4
プレーンズ

プレーンズ

2013年の外国映画 ★2
シュガー・ラッシュ

シュガー・ラッシュ

2012年の外国映画 ★4
メリダとおそろしの森

メリダとおそろしの森

2012年の外国映画 ★4
カーズ2

カーズ2

2011年の外国映画 ★3
WALL・E/ウォーリー

WALL・E/ウォーリー

2008年の外国映画 ★5
レミーのおいしいレストラン

レミーのおいしいレストラン

2007年の外国映画 ★5
バグズ・ライフ

バグズ・ライフ

1998年の外国映画 ★4
トイ・ストーリー3

トイ・ストーリー3

2010年の外国映画 ★5
ピクサー・ショート・フィルム

ピクサー・ショート・フィルム

2008年の外国映画 ★4
カールじいさんの空飛ぶ家

カールじいさんの空飛ぶ家

2009年の外国映画 ★3