CODMW2 コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2 (PC) Call of Duty: Modern Warfare 2

2009年 ゲーム 4ツ星 ゲーム:シミュレーション ゲーム:シューティング 主人公は軍人 戦争

これは学校の教材にしてもいいレベル

シリーズ9作目。私は『Call of Duty 2』のデモ版しかプレイしてないので、シリーズ共通の要素はわからない。ただただ、圧倒的な臨場感に打ちのめされる。戦争ゲームはここまで進化したのか。
とはいえ、被弾しても赤いジャムが飛び散るだけだから、これをリアルと絶賛するのは語弊がある。私自身も、戦争を知っているわけじゃない。ゲームとして楽しめるという条件下で、飛び抜けて戦争のリアルさを感じる。バランス感覚が素晴らしい。

あいまに挿入されるイベントシーンも秀逸だ。兵士はミッションに集中するだけだが、それが平和に寄与するとはかぎらない。あまたの兵士の視点を渡り歩くことで、戦争のリアリズムが見えてくる。恐ろしい。戦争は本当にいやだ。
と思いつつ、不思議な高揚感もある。ミッションに集中するあまり、その目的や意味など考えなくなって、殺人マシーンになる充実感。現実の兵士も、同じような高揚感に見舞われるんだろうか。これまた恐ろしい。

  • 幕間 (No Russian) ... テロ組織に潜入し、空港の襲撃に参加する。民間人を殺さざるを得ない状況と、その結末に驚愕する。
  • 二つ目の太陽 (Second Sun) ... 地獄と化した空から、ヘリの雨が降る。この未来が「ありえないこと」と言えるだろうか。宇宙飛行士の視点もショックだった。
  • 未決事項 (Loose Ends) ... まさに使い捨ての結末。大儀のために小を切り捨てるから、生き残った小が狂気の報復をするんだよ。

このゲームは学校の教材にしてほしいね。ゲームを楽しめても、楽しめなくても、いろいろ学ぶことがあるだろう。暴力的なことが嫌いな親こそ、子どもに体験させた方がいいと思う。

関連エントリー

2009年 ゲーム 4ツ星 ゲーム:シミュレーション ゲーム:シューティング 主人公は軍人 戦争
DOOM/ドゥーム:アナイアレーション

DOOM/ドゥーム:アナイアレーション

Doom: Annihilation
2019年の外国映画 ★3

まさかのバッドエンド?  2005年の実写映画と連続しない、リブート映画。Annihilationは「消滅」という意味だが、本編を示していない。主人公は女性兵士で、2005年版より (...)

DOOM

DOOM

Doom
2005年の外国映画 ★2

協力プレイで勝利でいいのに...  2021年に鑑賞。シューティングゲームの『Doom 3』の実写映画だが、元ネタ未プレイ。1人称視点のシーンを見て、「ああ、当時話題になった」と思 (...)

ミサイルコマンド / Missile Command (AC)

ミサイルコマンド / Missile Command (AC)

Missile Command
1980年のゲーム ★3

「連鎖」をねらえ! 湾岸戦争「砂漠の嵐」作戦で、多国籍軍がバグダッドを空爆する映像は「ゲームのようだ」と言われたが、そのゲームとは本作『Missile Command』のことであろ (...)

SDI (AC)

SDI (AC)

SDI
1987年のゲーム ★3

人間にはクリア不能 SDIは、レーガン大統領が提唱した戦略防衛構想(Strategic Defense Initiative)、通称スターウォーズ計画のこと。当時はみんなが知ってい (...)

シルフィード / SILPHEED (PC88)

シルフィード / SILPHEED (PC88)

SILPHEED
1986年のゲーム ★3

また新たなステージへ。 3D縦スクロールシューティング・・・というゲームが実現可能であることを教えてくれた傑作。メカデザインが素晴らしい。地上、宇宙、要塞のステージが素晴らしい。ゲ (...)

ギャラガ / GALAGA (AC)

ギャラガ / GALAGA (AC)

GALAGA
1981年のゲーム ★3

敵が速すぎる! 『ギャラクシアン』(1979)の後継機。編隊から敵機が飛来するだけでなく、画面左右から飛来して編隊を作る。飛び出してくる敵機に当たることはないが、驚いて、動きを見て (...)

ページ先頭へ