[レビュー2006年01月27日に発表された 

攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven Ghost in the Shell: S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven

#攻殻機動隊 刑事・警察 電脳 @士郎正宗
更新日:2010年04月30日(金) 21:14 [Edit]

エピローグがほしかった

「個別の11人事件」を約160分にまとめた総集編。やむを得ないことだが、いくつかのプロットが割愛されているので、物語の深みは出ない。しかし難民が生まれた歴史的背景や、クゼが考える「革命」の意味するところは、本編を見てもわかりにくい。シーンの入れ替えだけではどうにもならないので、エピローグで事件を総括するなど、なんらかのアシストがほしかった。本作のラストは『Solid State Society』につながっていくので、新作映像を加える価値はあると思うんだけどなぁ。欲張りすぎかな。

本作はわかりにくいけど、設定はしっかりしている。用語や世界観を知るために、各種資料に目を通すことをオススメしたい。「外部記憶装置なしにはさっぱり付いていけない」アニメなのだ。