シッコ Sicko SiCKO

2007年 外国映画 4ツ星 ドキュメンタリー 病院

「おれたちは何者だ?」

保険制度の問題点を指摘するのに、無保険の危険性ではなく、保険加入者の現状を伝えるところがシュール。アメリカの保険は、財産の搾取システムだった。恐ろしい。劇中には誇張されたり、伏せられた部分もあるだろうが、アメリカの医療制度が大きな問題を抱えていることをはまちがいない。
どうしてこうなったのか? ムーア監督は資本主義の限界をほのめかしている。もはや人間は、みずからの欲望をコントロールできなくなっているのだ。

そして編集がうまい。123分と長い映画なのに、最後まで飽きさせない。テーマを明確にして、取材・検証して、新たなテーマを引き出す。これほど興奮するドキュメンタリー映画もない。

おもしろいのは、ムーア監督の姿勢。他国の医療制度を紹介し、アメリカの悪いところを容赦なく叩いておきながら、決して自虐的ではない。アメリカを変えよう。変えられるはずだとエールを送っている。政府を批判するだけの映画と一線を画している。

日本は逆に、弱者救済が制度を疲弊させている。アメリカのような切り捨てがいいとは思わないが、弱者であることを虎の威のように使う勢力は問題だ。日本の問題点を、ムーア監督のように議論の場に出してくれる監督はいないだろうか。

関連エントリー

2007年 外国映画 4ツ星 ドキュメンタリー 病院
月世界旅行&メリエスの素晴らしき映画魔術

月世界旅行&メリエスの素晴らしき映画魔術

Le voyage extraordinaire
2011年の外国映画 ★5

「困難なことはすぐやれ。不可能なことは少し時間を」 いかにして映画は生まれたか? ジョルジュ・メリエス監督のアイデア、努力、栄光、そして挫折。その背景に、現実が空想を追い越す時代が (...)

忘れたフリをして / 船場センタービル50周年記念短編アニメーション  (13分)

忘れたフリをして / 船場センタービル50周年記念短編アニメーション (13分)

2020年のアニメ ★2

これはこれで... 作者が「うつ」を経験し、「うつ」を考えずにいられなかった事情はわかった。むろん船場センタービルには関係ないし、プラスのイメージもない。それでも船場センタービルは (...)

I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザー

I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザー

I Am Your Father
2015年の外国映画 ★3

不遇だが不幸ではなかった、と思いたい。 ダース・ベーダーの中の人を演じながら、いなかったことにされたデヴィッド・プラウズ。プラウズはどんな人物で、なぜルーカスフィルムに無視されたの (...)

コスモス・スペシャル (全5回)

コスモス・スペシャル (全5回)

COSMOS a special edition
1986年の海外ドラマ ★3

アップデート版? 『COSMOS コスモス』の6年後に制作されたシリーズ。約30%が最新情報に差し替えられたそうだが、具体的にどこがどう変わったか、わからなかった。なので、オリジナ (...)

アインシュタインロマン (全8回)

アインシュタインロマン (全8回)

Einstein Roman
1991年の日本ドラマ ★3

「私は神のパズルを解くのが好きだ」 アインシュタインをテーマにしたドキュメンタリー番組。学術的な解説より、アインシュタインの人となり、哲学、後世に与えた影響を詩的に描いている。 『 (...)

ゆきゆきて、神軍

ゆきゆきて、神軍

The Emperor's Naked Army Marches On
1987年の日本映画 ★2

これがアナーキストか。 ニューギニヤ戦線の生き残りでアナーキスト・奥崎謙三を活動を記録したドキュメンタリー。戦争だけでなく、敗戦との復興で傷つけられた人が多いことは、知識として知っ (...)

ページ先頭へ