カールじいさんの空飛ぶ家 Up

2009年 外国映画 3ツ星 ドラマ 家族 @ディズニー:ピクサー

おもしろいけど、もどかしい

現代の童話を創出するピクサーの最新作。荒唐無稽な設定を用いつつも、人間社会の世知辛い部分を盛り込んで、興奮と感動、そして希望を与えてくれる。本作も、そうした定評に違わぬクオリティだった。素晴らしい。それはまちがない。

ただ……なんとなく納得できない自分がいる。大切なものを見落としているような……。『トイ・ストーリー』のウッディやバズに玩具としての宿命があるように、カールじいさんにも避けようのない現実があるはず。そう考えてしまうのは、私の目が曇っているからだろうか。

冒険の旅に出たチャールズ・F・マンツより、彼にあこがれ、しかし冒険に出なかったエリーの方が幸せそうに見えるのは皮肉が効いている。夢を実現できるのは素晴らしいが、それだけじゃないところに人生のおもしろさがあるんだね。

関連エントリー

2009年 外国映画 3ツ星 ドラマ 家族 @ディズニー:ピクサー
メリダとおそろしの森

メリダとおそろしの森

Brave
2012年の外国映画 ★4

メリダではなく、母親の成長を描いた物語 ファンタジーの定石を外し、迷走しているようにしか見えないのに、不思議とおもしろい。譜面のない即興演奏のようだ。 メリダは結婚をいやがるが、ほ (...)

ファインディング・ニモ

ファインディング・ニモ

Finding Nemo
2003年の外国映画 ★4

ディズニーの皮をかぶったシュールドラマ キャラが素晴らしい。みんな個性的というか、生々しいほどリアルだ。とりわけ天然ボケのドリーは強烈。こういう人、現実では見たことあるけど、物語の (...)

Mr.インクレディブル

Mr.インクレディブル

The Incredibles
2004年の外国映画 ★4

セルアニメを越えたリアリティ キャラや設定、ストーリーもいいけど、敵ロボットや秘密基地のデザインがなにげに素晴らしい。超未来的なのに、どこか懐かしい感じがする。特撮っぽいアングルも (...)

カーズ

カーズ

Cars
2006年の外国映画 ★3

わかるところもあるが、わからないところもある 人間が存在せず、車だけで成り立っている不思議な社会。それは、子どもがミニカーで遊ぶときのイメージかもしれない。背景や車体があまりにもリ (...)

バーニー / BURN-E (7分)

バーニー / BURN-E (7分)

BURN-E
2008年の外国映画 ★4

感情表現がうまい。 『ウォーリー』のスピンオフ短編。修理ロボットBURN-Eの苦難を描く。 見どころはSUPPLY-Rの態度。2度目はトーチをすぐ手渡さず、3度目はポンと投げ捨てる (...)

猫とピットブル/キットブル (9分)

猫とピットブル/キットブル (9分)

Kitbull
2019年の外国映画 ★2

偶然によるハッピーエンドは萎える。 ピクサー異例の手書きアニメ。キャラクターデザイン、動き、アングルは素晴らしい。セリフはなくとも状況がわかるし、情感も伝わる。 しかし「おもしろい (...)

ページ先頭へ