美女と野獣 (ディズニー版) Beauty and the Beast

1991年 外国映画 3ツ星 #美女と野獣 ファンタジー:童話 @ディズニー

野獣もかすむ、真の野獣

ガストンが強烈だった。ガストンが興味があるのはベルの美貌だけ。ベルの人柄も知性も目に映っていない。愛されることさえ期待せず、ただ力尽くで奪えば満足なのだ。恐ろしい。ガストンこそ「真の野獣」であろう。
もう1つ怖いのは町の人たち。誰もガストンを止めようとせず、それどころか扇動されてしまう。決してベルは嫌われ者じゃないのに、ひどすぎる。魔女はわがままな王子を野獣に変え、そのように王子を育てた家来たちも家具に変えてしまった。もし魔女が町を訪れたら、ガストンを野獣に変え、その横暴を許した町の人も呪われるだろう。しかし野獣の心を持った野獣は手に負えないので、そうならなくてよかった。

本来なら、ベルが野獣の心に気づいたり、野獣がベルに拒まれることを恐れるところが主題なのだが、ガストンの毒気に圧倒されてしまった。フェミニズムも大事だが、ちょっとヤリスギだね。


【ゆっくり文庫】で取り上げてみた。お父さんの視点でつづってみた。ぜひご覧ください。

【ゆっくり文庫】フランスの民話「美女と野獣」

関連エントリー

1991年 外国映画 3ツ星 #美女と野獣 ファンタジー:童話 @ディズニー
美女と野獣 (実写映画)

美女と野獣 (実写映画)

Beauty and the Beast
2017年の外国映画 ★3

んんーーーーー。 ディズニー映画『美女と野獣』(1991)の実写化。話の流れはオリジナルと同じ。登場人物は美男美女ぞろい。情景もリアルで、美しく、ダイナミック。音楽、歌もそのままで (...)

美女と野獣 (ジャン・コクトー監督)

美女と野獣 (ジャン・コクトー監督)

La Belle et la Bête
1946年の外国映画 ★3

身も心も野獣だった 『美女と野獣』の最初の映像化。なにぶん古い映画なので、特撮らしい特撮はなく、物語のほころびも多いが、コクトーの工夫やセンスが随所に冴える。テーブルから伸びた腕が (...)

赤い花 (美女と野獣)

赤い花 (美女と野獣)

The Scarlet Flower / Alenkiy tsvetochek
1952年の外国映画 ★5

ロシア風の翻案がおもしろい あらすじ ステパン・エメーリヤヌィチは尊敬される舵手。あるとき遠方に赴くことになったステパンが3人の娘たちに土産物の希望を訊ねると、長女ゴルディーヤは黄 (...)

美女と野獣 (クリストフ・ガンズ監督)

美女と野獣 (クリストフ・ガンズ監督)

La Belle et la Bete
2014年の外国映画 ★3

テーマはなにか? 『美女と野獣』を1740年、ヴィルヌーヴ夫人によって書き上げられた。1756年、ボーモン夫人が短縮版を書いて出版。これが世界中で読み継がれるようになった。私はボー (...)

アナと雪の女王/家族の思い出 (22分)

アナと雪の女王/家族の思い出 (22分)

Olaf's Frozen Adventure
2017年の外国映画 ★3

「役に立つ」より「かわいい」か あらすじ  エルサとアナはクリスマスを祝おうとするが、自分たちに「伝統」がなかったことに気づく。クリストフの伝統は野卑で、合わない。オラフは伝統を探 (...)

アナと雪の女王2

アナと雪の女王2

Frozen II
2019年の外国映画 ★3

もはや共感できぬ。  第1作はエルサが異質な自分を受け入れる物語だった。第2作はエルサが異質になった理由を掘り下げている。え? それって必要? 世界観は広がったけど、それが『アナ雪 (...)

ページ先頭へ