TEKKEN -鉄拳- TEKKEN

2010年 外国映画 3ツ星 サイボーグ モンスター:悪魔

これぞゲームの映画化

ゲーム『鉄拳』は、初代を数えるほどしかプレイしていない。先日、『鉄拳 BLOOD VENGEANCE』(2011)を見て、その荒唐無稽なキャラクターや世界観にのけぞった。『鉄拳』はこういう進化を遂げたのか。ところが本作は、美少女ロボットもデビルマンも出てこない。いいじゃない。私の知る『鉄拳』だよ。

顔の濃い役者さんが揃っている。元になったキャラクターを知らなくても、似ているような気がする。三島平八の髪型と強さは常識の範囲内で、やや拍子抜けだが、これはこれでいいだろう。

中盤までテンポよく展開したが、一八の暴走で競技ルールが崩れ、格闘にこだわる理由がなくなってしまう。それでも格闘で決着をつけるのは無理がありすぎる。せっかく盛り上がっていたのに、後半は残念だった。