大奥 <男女逆転> Ooku

2010年 日本映画 5ツ星 SF 時代劇

歴史SFだった!

安直な逆ハーレムものと思っていたが、「男女比が大きく偏ったら?」というIFを加えた歴史SFだった。原作1巻分のみを映画化しているので、「なぜ大奥がああなったのか」は明かされないが、状況設定には説得力がある。キャラクターは魅力的だし、ドラマの盛り上がりも十分。これほどおもしろいとは思わなかった。

武家の男子と言えど、あのような社会で育てば女のように嫉妬や見栄に狂うのも頷ける。いや、男は本質的に嫉妬深くて見栄っ張りじゃないのか? 社会が影響するのは、その表現方法だけじゃないか? 映画を見てると、性差についての疑問が次々に湧いてくる。とても刺激的だ。同じような刺激を『家畜人ヤプー』からも受けたが、あそこまで強烈じゃないから、心地よく考えられる。

余談だが、映画鑑賞後に原作漫画を7巻まで読んだ。じつにおもしろい。すべて映像化してほしいけど、難しいかなぁ。多くの若者に読んで、考えてほしい。社会と性差、そして自分の幸福について。

関連エントリー

2010年 日本映画 5ツ星 SF 時代劇
最強ロボ ダイオージャ (全50話)

最強ロボ ダイオージャ (全50話)

Ultimate Robot Daioja
1981年のアニメ ★3

水戸黄門より前に見たパロディ。 私が10歳、小学5年生のころの作品。「水戸黄門」をモチーフにしたスペースオペラだが、「水戸黄門」も「スペースオペラ」も知らなかった。ダイオージャに合 (...)

大帝の剣

大帝の剣

Taitei no Ken / The Emperor's Sword
2007年の日本映画 ★3

面白ければ、それでいい!! 私は原作小説を初版から読んでいたので、途中で著者に捨てられたことはショックだった。それから数年後に、まさか実写映画化されるとは思わなかった。なぜ未完の小 (...)

黒塚 KUROZUKA (全12話)

黒塚 KUROZUKA (全12話)

KUROZUKA
2008年のアニメ ★2

よくわかりません 主人公が記憶障害なので、いま見えている映像が現在進行中の出来事か、過去の思い出なのか区別できない。それが原作の持ち味なのだが、アニメでは第三者の記憶や幻覚まで挿入 (...)

怪談 蛇女

怪談 蛇女

Fear of the Snake Woman
1968年の日本映画 ★2

蛇成分が足りない。 明治初期、傲慢な地主が貧しい一家をいびり殺す。父、母、娘の霊が幻覚を見せて、ひとりずつ破滅させていく。地主一家が滅びると、魂は成仏した。 2022年、YouTu (...)

喰女 クイメ

喰女 クイメ

Over Your Dead body (KUIME)
2014年の日本映画 ★2

虚と実が釣り合ってない。 『四谷怪談』の舞台と、役者たちのドラマが並行して描かれる。演じる役と同じ気質をもった役者たちが、現実でも狂気の所業におよんでしまう──というのが基本プロッ (...)

ゆき

ゆき

YUKI The Snow Fairy
1981年のアニメ ★2

「行ってあの村を掃除しろ!」 雪女ではない。創作民話のようだが、日本らしくない。ギリシャ神話のように傲慢で、中途半端。急いでアニメ化したのか、あまり練り込まれてない印象だった。 最 (...)

ページ先頭へ