第9地区 District 9

2009年 外国映画 5ツ星 モキュメンタリー 地球外生命

これほど刺激されるSF映画も久しぶりだ

難民エイリアンが南アフリカで隔離されている。よくそんな状況を思いついたもんだ。ドキュメンタリー形式の映像がリアリティを高める。エイリアンを題材にしてるのに、すごく身近な問題に思えてしまう。
主人公ヴィカスは、うんざりするほど小市民。正義でも悪でもなく、自分のことで頭がいっぱい。そんな彼が見栄を張って、強がって、驚き、おびえ、のたうち、希望を見いだし、反撃して、力尽き、運命に身をゆだねる。すべてを失い、くず鉄の花が残る。なんという運命だ。

SF的な背景はほとんど言及されない。彼らはなぜ地球に来たのか(捨てられたのか)? 支配者層でなにがあった? 彼らの星はいまもあるのか? そして3年後は? 語られなかった部分が想像力を刺激しつづける。

人間がエビに変わるなら、人間とエビは同種と言える。そう考えれば、これほど短期間で交流できたことも納得できる。エビたちは無気力で、ただ消費するだけの生き物だが、彼らがそうなった理由を想像すると、ぞくりと怖くなる。
人間を人間たらしめているのは技術ではなく、教育なのだ。人間とエビの差異は、驚くほど少ない。この映画に映っていたのは、最初から最後まで「人間」だけだった。

関連エントリー

2009年 外国映画 5ツ星 モキュメンタリー 地球外生命
エウロパ

エウロパ

Europa Report
2013年の外国映画 ★2

モキュメンタリーで地球外生命体。 2021年、gyaoで視聴。どんな作品か知らずに見たので、はじめは戸惑った。ファウンド・フッテージか。ニュース映像やインタビューで状況解説するのは (...)

THE 4TH KIND フォース・カインド

THE 4TH KIND フォース・カインド

The Fourth Kind
2009年の外国映画 ★2

悪魔ネタは意識的にやってたの? ミラ・ジョヴォヴィッチ演じる美人心理学者が、宇宙人による誘拐について報告するモキュメンタリー映画。あまりウソっぽい映像を出すとリアリティが損なわれる (...)

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-02 震える幽霊

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-02 震える幽霊

Kowasugi! File-02
2012年の日本映画 ★3

THE 予想外 第2回のテーマは、廃墟で目撃された幽霊をふたたびカメラに捉えること。震える幽霊の映像がおもしろく、ぐいっと引きずり込まれた。そして取材パート。定石では建物の歴史を調 (...)

アライブ・イン・ヨハネスブルグ (6分)

アライブ・イン・ヨハネスブルグ (6分)

Alive in Joburg
2005年の外国映画 ★4

根底に流れるものは同じ 『第9地区』のもとになった短編映画。わずか6分だが、基本的なプロットが凝縮されている。ヨハネスブルク上空に浮かぶ巨大な宇宙船、異変に慣れきってしまった人類、 (...)

The Backrooms (9分)

The Backrooms (9分)

The Backrooms
2022年の外国映画 ★5

うお、怖いぞ! The Backrooms(バックルーム)は、英語圏で流行している創作都市伝説(クリーピーパスタ)の一種。一見すると平穏だが何らかの不安を掻き立てる風景(Limin (...)

グレイヴ・エンカウンターズ

グレイヴ・エンカウンターズ

Grave Encounters
2011年の外国映画 ★3

「やめろッ、おれはおかしくないッ!」 廃病院を取材した番組スタッフが、本物の恐怖に遭遇するモキュメンタリー映画。このパターンもだいぶ慣れてしまったが、異変が起こる中盤まで退屈せず鑑 (...)

ページ先頭へ