刑事コロンボ #19 別れのワイン Columbo: Any Old Port in a Storm

1973年 海外ドラマ 4ツ星 倒叙 刑事・警察 推理

「刑務所は結婚より自由かもしれませんな」

あらすじ

ワイン醸造会社経営者のエイドリアンは、ワインに生涯を捧げてきた。しかし工場の権利を持つ弟リックが、エイドリアンが軽蔑する大手酒造会社に工場を売却すると言い出す。カッとなったエイドリアンはリックを殴打。リックはまだ死んでいなかったが、エイドリアンは弟を縛り上げ、ワイナリーに閉じ込め、空調を切った。やがてリックは窒息死するが、そのときエイドリアンはニューヨーク出張でアリバイが成立する。帰ってきたエイドリアンは、リックの死体に潜水服を着せ、海に投げ捨てた。リックの死体が見つかると、ダイビング中に頭を強打して昏倒。そのまま窒息したと思われた。

コロンボはいくつか不自然な点を見つける。リックの車は放置されていたはずなのに、だれも見ておらず、雨に濡れた形跡もない。リックの胃袋は空っぽ。二日ほど断食してからダイビングしたのは不自然だ。もっとも疑わしいのは兄エイドリアン。コロンボはワイナリーに注目するが、証拠は見つからない。また秘書のカレンが、リックが工場を出ていくところを目撃したと証言したことで、手詰まりになる。

初見では殴られたリックが死んでなかったことに気づかず、死亡推定時刻がズレた理由がわからなかった。冷静に考えると、まだ生きている弟を縛り上げ、ワイナリーで窒息させるって、恐ろしい手口だな。リックが暴れてワインの棚を崩す恐れもあった。扉を開けた犯人が高温に気づかないわけがない。いろいろ不自然な点もあるが、そこは重要じゃない。

コロンボは証拠を見つけられず、「自白していただけますか?」とたのんでいる。シリーズで唯一のことだ。犯人の共感を得るため、ワインを猛勉強したわけだが、そのルートをいつ思いついたのか。コロンボの内面が見えると面白そうだが、倒叙形式と両立しないか。

エイドリアンはワインに生涯を捧げてきた。そのため弟を殺したのに、秘蔵のワインを失ってしまった。その事実に気づいたのはコロンボだけ。なんという皮肉。ラストの会話は印象的だ。

「よく勉強されましたな」
「ありがとう。なによりも嬉しいお褒めの言葉です」

嫌味も怨みもない、心からの賛辞。あのワインを飲むためなら、殺人を犯す価値もあるかもしれない。

それから秘書が怖かったね。12年勤務と口止めの対価として、結婚を迫る。カネもほしいが、情欲もありそう。エイドリアンも、立場が上のときは名前で呼ぶようにと言うが、脅迫されると拒絶する。生々しい。
犯人は趣味の人だ。自分を曲げることができなかった。いまさら秘書の奴隷になれるはずもない。迎合より殺人を、結婚より刑務所を選ぶ。まるっきりの駄目人間なんだけど、清々しかった。

関連エントリー

1973年 海外ドラマ 4ツ星 倒叙 刑事・警察 推理
刑事コロンボ #04 指輪の爪あと

刑事コロンボ #04 指輪の爪あと

Columbo: Death Lends a Hand
1973年の海外ドラマ ★5

コロンボのさりげない調査、誘導。 シリーズ初期の傑作。犯人は探偵社の社長。成功者だが悪辣であり、コロンボを見下していたが、傲慢と短気によって破滅していく。痛快だ。コロンボのフォーマ (...)

刑事コロンボ #03 構想の死角

刑事コロンボ #03 構想の死角

Columbo: Murder by the Book
1971年の海外ドラマ ★3

逮捕はできたけど。 ストーリー ケンとジムは、コンビのベストセラー作家。じっさい書いてるのはジムだけで、コンビ解消したいと言われたため殺害を決意。 ケンはジムを別荘に招いて、事務所 (...)

刑事コロンボ #02 死者の身代金

刑事コロンボ #02 死者の身代金

Columbo: Ransom for a Dead Man
1971年の海外ドラマ ★4

少しずつ見てくる動機と人間性。 ストーリー 犯人は美人弁護士レスリー。夫を殺害後、録音・編集された声を使って誘拐事件に見せかけた。身代金をせしめ、夫殺害時のアリバイも得た。 前妻の (...)

刑事コロンボ #45 策謀の結末

刑事コロンボ #45 策謀の結末

Columbo: The Conspirators
1979年の海外ドラマ ★3

「ここまで。ここを過ぎず...」 あらすじ ジョー・デヴリンは有名な詩人。裏では過激派(アイルランド革命派)に武器を密輸していた。仲買人が金を横領していたため射殺。現場に自分のサイ (...)

刑事コロンボ #01 殺人処方箋

刑事コロンボ #01 殺人処方箋

Columbo: Prescription : Murder
1968年の海外ドラマ ★4

コロンボが若い、パリッとしてる。 本作は2018年、【ゆっくり文庫】で動画化している。 思ったことはだいたい編集後記に書いてある。 【ゆっくり文庫】刑事コロンボ「殺人処方箋」(1/ (...)

刑事コロンボ #44 攻撃命令

刑事コロンボ #44 攻撃命令

Columbo: How to Dial a Murder
1978年の海外ドラマ ★2

難事件ではない。 犯人の計画はずさんで、たやすく立証されてしまう。しかしそのことをコロンボが指摘したのは白眉。いつも難事件ってわけじゃない。 序盤は低姿勢だったコロンボが、クライマ (...)

ページ先頭へ