[レビュー2011年11月23日に発表された 

シリアス サム 3 BFE (PC) Serious Sam 3: BFE

SF:ファーストコンタクト コメディ 地球外生命
更新日:2020年08月31日(月) 06:32 [Edit]

耳に残る「ああああああああああああああああああああああああああ」

「Serious Sam」シリーズを知ったのは本作が初。前作がどうったか、どんな系統に属するかは知らないが、インパクトは強烈だった。
一人称視点で宇宙怪物をやっつけていくゲームだが、主人公サムがTシャツにサングラスという普段着で戦うところがシュール。サムは無敵じゃないが、勝利した時にしかムービーは流れないため、つねにクールな印象を与える。このセンスは素晴らしい。

しかしゲームとしてはかなりの難物。迫り来る敵の種別を識別し、優先順位をつけ、適切な武器に切り替え、マップ上のアイテムの位置を把握し、移動しながら殲滅する。やることが多すぎて、作業になってしまう。ステージが進むにつれ武器が強化され、敵が強大になり、モビルスーツで戦っているような錯覚に陥るが、やるべきことは最後まで同じ。

あまり爽快感のあるゲームじゃないが、とにかく印象的だった。爆弾もって特攻してくる敵の声が耳から離れない。



Steam: Serious Sam 3: BFE

関連エントリー