ドラえもん(32) のび太と奇跡の島 ~アニマル アドベンチャー~ Doraemon: Nobita and the Island of Miracles Animal Adventure

2012年 アニメ 3ツ星 #ドラえもん タイムトラベル 家族

おもしろいけど、まとまりがない

のび太は虫相撲に勝てるカブトムシを探していたら、絶滅危惧種のジャイアントモアを捕まえてしまった。ドラミはモアを保護する場所として、ベレーガモンド島を推薦する。ベレーガモンド島から迎えに来たゴンスケは、まちがってのび太の父・のび助を運んでしまう。のび太はベレーガモンド島からカブトムシを連れ出してしまい、ゴンスケに強制連行される。のび助は記憶を失って、ベレーガモンド島の住民たちに英雄ダッケとして迎え入れられる。一方、ベレーガモンド島は密猟団に狙われていた......。

どう考えても、詰め込みすぎ!

メインキャラクターと思われたケリー博士は出番がなく、のび助(ダッケ)もクライマックスでは活躍しない。勝利の鍵は、カブ太とゴールデンヘラクレス。すっかり忘れていたよ。よく言えば、キャラクターをまんべんなく動かしているけど、これほど出演させる必要はなかっただろう。
密猟団との戦いはまったく不要。カブトムシも、モアも、ベレーガモンド島も、ロッコロ族さえ割愛できる。ぶっちゃけ、子どものころの父親と夏休みを過ごすだけでよかった。既存フォーマットに落とし込むため、いろいろ無理をしているようだ。
でも、まぁ、おもしろかった。両親との絆は、ありそうでなかったテーマだ。直球ではあるが、やっぱり胸にしみる。

最後にメモ。ロッコロ族がしゃべっていたのはエスペラント語だった。のび助のバイタリティは高く、たよりになる。ゴンスケの雑な仕事もよかった。おとりロボットデラックスって使い道があるような、ないような。
細かいところがおもしろい映画だった。

ドラえもん
第1期 (1979-2005)
第2期 (2005-)
その他

関連エントリー

2012年 アニメ 3ツ星 #ドラえもん タイムトラベル 家族
ドラえもん(31) 新・のび太と鉄人兵団 ─はばたけ 天使たち─

ドラえもん(31) 新・のび太と鉄人兵団 ─はばたけ 天使たち─

Doraemon: Nobita and the New Steel Troops: ~Angel Wings~
2011年のアニメ ★5

焼き直しじゃないぞ! 1986年のオリジナル版に愛着があったので、リメイクの変更点はやはり気になる。オリジナルに忠実たれとは言わないが、安直な「媚び」はやめてほしい。とりわけザンダ (...)

ドラえもん(25) のび太のワンニャン時空伝

ドラえもん(25) のび太のワンニャン時空伝

Doraemon: Nobita in the Wan-Nyan Spacetime Odyssey
2004年のアニメ ★3

捨てるな、キケン! これまたややこしい物語。最初、ハチはイチの8代目の子孫、もしくはイチがループした姿(老人→犬→人→若者→老人)と思っていたが、そこまでアクロバティックではなかっ (...)

ドラえもん(16) のび太の創世日記

ドラえもん(16) のび太の創世日記

Doraemon: Nobita's Genesis Diary
1995年のアニメ ★4

目がまわるようなメタ構造 夏休みの自由研究で、宇宙を作ってしまうとは! すごいぜ、創世セット。 しかし物語が進むと、ややこしいことになってくる。のび太の新世界で昆虫人が進化して、や (...)

のび太の結婚前夜

のび太の結婚前夜

Nobita's the Night Before a Wedding
1999年のアニメ ★5

大人になるって、どういうことだろう? タブーとも言える未来の自分を、あっさり見せちゃうドラえもんに驚愕。まぁ、ドラえもんは過去を書き換えるために派遣されたロボットだから、このくらい (...)

ドラえもん(01) のび太の恐竜

ドラえもん(01) のび太の恐竜

Doraemon: Nobita's Dinosaur
1980年のアニメ ★4

やはりドラえもんはスゴイ リメイク版が出たので、旧作を見直してみた。ドラえもんの大長編・映画の第1作目で、30年前の作品になる(当時:9歳)。絵柄の質感が古い。このころはセルアニメ (...)

ドラえもん(26) のび太の恐竜 2006

ドラえもん(26) のび太の恐竜 2006

Doraemon: Nobita no kyoryu
2006年のアニメ ★4

感動は時代を超えて 21世紀になって、のび太たちの一途さは時代に合わなくなっただろうな、と思ってた。声優が変わって、映像がダイナミックになって、空虚な感じがするんだろうな、と思って (...)

ページ先頭へ