CURE CURE

1997年 日本映画 4ツ星 刑事・警察 殺人鬼 狂気 病院 超能力

『CURE』じゃわからん!

こわい映画だった。引きの構図が多く、舞台を見ているような不安感、虚構感が物語に合っていた。

伝道師(萩原聖人)の風貌、声、口調もばっちり。的外れな質問を投げることで、相手の心を揺らし、支配していく。しかし映画は支配する場面──先生、警官、女医に具体的な暗示を与えるシーン──まで描かれない。そこを見たいような、見てはいけないような。いや、見ても認識できないかも。すでに見ているかも。と、こわい妄想が連鎖する。

これは殺人教唆ではなく、催眠術でもなく、超能力の領域だ。知識と備えがないまま伝道師と向き合うことは、原始人が拳銃で撃たれるのと同じ。なにが起こったかわからないまま、殺される。
暗示には炎が使われると思っていたが、水でも可能だった。あるいは雨音でもできる。どうやって攻略するか考えていたが、糸口もつかめない。会話せず、いきなり発砲するしかない。

夢枕獏の小説『闇狩り師 蒼獣鬼』を思い出した。陰陽師・鳴神素十は、会話した相手を意のままに操ることができる。その脅威を体験したヤクザは、同じ人間が連続して返事をしないという対策を講じてくる。この駆け引きがおもしろかった。

んが、本作『CURE』は、未知に立ち向かう話ではなかった。

なにが起こったのか?(個人的解釈)

高部刑事は間宮に雨音で催眠をかけられ、妻を殺害した。しかし妻を精神病院にあずけたと思い込んでしまう。直前に包丁を手にするシーンがあり、直後はレストランで食事をしないシーン、クリーニング屋で注文を失念するシーンが挿入され、高部の認識が狂っていることが示唆される。警察幹部に間宮を披露したのも、理性的な行動ではない。
精神科医・佐久間を殺した(催眠をかけた)のも高部であろう。手錠を使っているから。佐久間は間宮に会っているが、高部にも会っている。

高部が間宮を逃し、廃屋で射殺したかどうかはわからない。廃屋のシーンも幻想的で、夢を見ている可能性がある。しかし問題は間宮の生死ではなく、能力が高部に継承されたことだ。能力が継承されることはなんとなく語られていたが、想定外だった。

廃屋から戻った高部は、(妻を精神病院に入れたときは食べられなかった)夕食を食べて、一服。ウェイトレスが包丁を手にするところで映画は終わる。ウェイトレスは催眠にかかったようだ。つまり高部が能力を継承している。しかしウェイトレスは高部と会話してないし、高部にも能力を使った自覚はないようだ。

つまり間宮にも催眠をかけた自覚はなかった。催眠をかけられた方だけでなく、かけた方にも記憶が残らない。間宮はメスメリズムについて研究する中で、誰かから能力をもらった。そのとき間宮の人格は失われ、能力に支配されていたのだ。

うーーーーーん、わかりにくい!!

真の脅威は間宮ではなく、能力だった。
能力には動機がなく、ただ輝いているだけ。ホラー風味が強くて、なにが脅威かわかりにくい。もったいない。

『CURE』というタイトルは失敗だ。どんな映画かわからん。撮影時のタイトルは『伝道師』だったが、オウム真理教事件が起こったため変更されたらしい。伝道師も劇中に出てくる言葉で、蓄音機で「イヤセ」より印象的だ。そもそもなにを癒やせというのか。『伝道師』のほうが合ってたし、むしろオウム真理教事件と関連付けたほうがテーマがきわだったと思うが、難しいか。

間宮の火傷はどんな意味があったのだろう? 能力を継承した間宮が自殺しようとしたのか? それなら高部にも同じ抵抗した傷痕があればよかったのに。

関連エントリー

1997年 日本映画 4ツ星 刑事・警察 殺人鬼 狂気 病院 超能力
ブギーマン2 憑依

ブギーマン2 憑依

Boogeyman 2
2007年の外国映画 ★2

まじかー! ストーリー ブギーマンに両親を殺された兄妹。成長してもトラウマに悩まされる。兄が退院した精神病院に入院すると、患者が次々に惨殺されていく。マスクの殺人鬼「ブギーマン」の (...)

サイコブレイク2 / The Evil Within 2 (PC)

サイコブレイク2 / The Evil Within 2 (PC)

The Evil Within 2
2017年のゲーム ★1

夢のない夢 個人的に低評価だった『サイコブレイク』の続編。ボリュームは減ったが、難易度も減った。わかりやすく、遊びやすくなった。まぁ、それはいいが、どうにもストーリーに共感できない (...)

サイコブレイク / PSYCHOBREAK (PC)

サイコブレイク / PSYCHOBREAK (PC)

The Evil Within
2014年のゲーム ★2

ドラマもゲームも難しいだけ 「バイオハザード」の生みの親・三上真司氏が制作したサバイバルホラー。なにかしらの脅威(怪物)を打ち倒すゲームと思っていたが、やたらめったらドラマパートが (...)

サイコ・ウォード 封鎖病棟 絶体絶命

サイコ・ウォード 封鎖病棟 絶体絶命

PSYCHO WARD
2007年の外国映画 ★2

つまらん あらすじ 封鎖された「ブラック・クリーク拘置所」でドキュメンタリー映画を撮影する5人の若者たち。この施設では狂気の人体実験が行われていたと言う都市伝説があった。撮影のため (...)

クライモリ デッド・ビギニング

クライモリ デッド・ビギニング

Wrong Turn 4: Bloody Beginnings
2011年の外国映画 ★2

残虐シーンばっかり あらすじ 1974年、ウェストバージニア州の森にある精神病院で、隔離されていた奇形人間が医師を惨殺して逃亡した。 30年後の冬、若者たちがスキーを楽しんでいると (...)

パトリック 戦慄病棟 (リメイク)

パトリック 戦慄病棟 (リメイク)

PATRICK
2013年の外国映画 ★2

さんざん期待させてコレかよ あらすじ 看護婦のキャシーは郊外にある不気味な病院に就職、昏睡状態の青年パトリックの世話を担当することになった。やがて、前任者は謎の失踪を遂げていること (...)

ページ先頭へ