エスター Orphan

2009年 外国映画 4ツ星 家族 殺人鬼 狂気 障害

エスターはなにを求めていたか?

 2020年に鑑賞。すでにエスターの正体を知っていたが、それでも「こわっ」と思えた。おもしろかった。いっぽう「もどかしい」「ありきたり」に思えるシーンもあったが、前情報を知ってから見たせいだろう。

 主人公ケイトは3人目の子供を流産したことでアルコール依存症になった。そのためエスターの異常を訴えても信じてもらえない。ホラー映画じゃ定番の構図で、おもしろいんだけど、ちょっと崩してほしかった。たとえば夫婦が危機感を共有しても状況を打破できないとか、夫がエスターと関係を持ったと疑うとか。夫ジョンが馬鹿で、萎える。

 本作の魅力はやっぱりエスター。演じるイザベル・ファーマンは当時12歳だが、ほんとに「見た目は9歳だが実際は33歳」に見えた。
 33歳ってのが絶妙だね。これまでなにを経験して、コールマン家になにを求めていたのか。ケイトへの態度が雑だったのも、なにか理由がありそう。狂ってるにせよ、彼女の言い分も聞いてみたかった。

 コールマン家の邸宅、暮らしぶりはゴージャスで、いちいち嘆息した。まぁ、そうでなければ養女を迎えられないか。しかしまぁ、何不自由ない暮らしをしながらマギーは、3人目の子どもを流産して心を病んだ。難聴の娘、多感な息子はほったらかし。実子より養女ばかり見てる。どうなのよ。
 ケイトは被害者だが、わがままでもある。映画はケイトの問題に触れることなく終わる。まぁ、夫が亡くなったから、これから大変だろうけど。
 そんなケイトに、同年代のエスターはさぞ苛立っていただろう。

 ケイトの弱さ、エスターの苦悩。
 そのあたりも見たいと思ってしまうのは、求め過ぎだろうか。

関連エントリー

2009年 外国映画 4ツ星 家族 殺人鬼 狂気 障害
どですかでん

どですかでん

Dodesukaden
1970年の日本映画 ★3

これほどインパクトのある映画には、もう出会えないだろう みんな独特のリズムがあって、長く見てると精神の均衡を崩しそうになる。貧しくて、愚かで、弱くて、病んでいるのに、抗しがたい魅力 (...)

深紅

深紅

Shinku
2005年の日本映画 ★3

あと一歩、あと一歩のもどかしさ 状況設定のインパクトが大きい。冒頭で「修学旅行の夜」をていねいに描いてくれたおかげで、物語全体がしっかりまとまっている。2人の少女がなにを思い、どの (...)

明日の記憶

明日の記憶

Memories of Tomorrow
2006年の日本映画 ★5

怖くて、切なくて、それでも望みを見いだせる シーンが飛んだり、妄想と現実の区別がつかなくなる後半が恐ろしい。 師匠は本当にいたのだろうか? もし師匠がマボロシだったなら、冒頭で寄り (...)

劇場版 AIR

劇場版 AIR

AIR: The Movie
2005年のアニメ ★3

演出が空回りしてるよ 監督は映画を制作するにあたって、ゲームをプレイしたはずだが、どんな印象をもったのだろう? 私と同じように、萌えるとか泣ける以前に、不可解に思ったのかもしれない (...)

AIR 総集編

AIR 総集編

AIR MEMORIES
2005年のアニメ ★2

ただ切って、貼り合わせただけの総集編 テレビシリーズ1~12話から印象的なシーンを抜き出したダイジェスト集。ストーリーはまったく追えない。まぁ、本編がすでに不可解なので、わかるはず (...)

AIR (全12話)

AIR (全12話)

Air (TV Series)
2004年のアニメ ★4

原作より魅力的なテレビシリーズ 私は『AIR』のファンではない。可愛いとか、泣ける以前に、不可解だと思ってる。そんな私だが、このテレビシリーズはお薦めできる。原作以上にわかりやすく (...)

ページ先頭へ