燃えよドラゴン 龍爭虎鬥 | Enter the Dragon

1973年 外国映画 5ツ星 アクション カンフー スパイ

やっぱ、すごいな。

これまた子どもの頃に見て、細部を忘れ、2021年に再視聴した。いやー、すごかった。ブルース・リーのハリウッド進出作。本作によってカンフー映画ブームがはじまり、アクションスターが徒手格闘を見せ場にすることが当たり前になった。
しかし48年で見せ方も進化したから、いま見ると野暮ったく見えるかもしれない。と思っていたが、杞憂だった。

ブルース・リーの動きはかっこいいだけでなく、強そうで、痛そうで、とにかくリアル。技の巧みさは、鍛え抜かれた筋肉と、慎重かつ大胆な性格に裏打ちされている。寡黙ではないが、感情をあらわにしない。ユーモアはあるが、戦いでは容赦しない。ほかの武芸者と異なり、後継者を育成している。不思議な魅力がある。

3年に1度の武術トーナメントを舞台にしているが、試合は行われない。スパイ要素が緊迫感を盛り上げる。外国人も拳法を駆使するが、それゆえリーの強さがきわだつ。拳法を超えたものを感じる。見どころは地下施設への侵入から。群がる敵を薙ぎ払い、棒、混、ヌンチャクと持ち替えていく展開はめっちゃ興奮した。ストーリーじゃなく、アクションに魅了される。

囚われたら座る。慎重に隠し扉をくぐる。ボス戦の最中もザコを倒す。傷口の血を舐める。去るときはあっさり。また見たくなる。なんだろうね。リクツじゃ推し量れないものがある。
パーフェクトな映画と絶賛するつもりはない。しかし半世紀を経ても強い影響力がある。映画ファンは一見の価値があるだろう。

関連エントリー

1973年 外国映画 5ツ星 アクション カンフー スパイ
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地争覇

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地争覇

黄飛鴻之三: 獅子王争覇 | ONCE UPON A TIME IN CHINA III | Wong Fei Hung ji saam: Si wong jaang ba
1993年の外国映画 ★3

盛り込みすぎだよ 愚かな側近にそそのかされ、西太后は無意味な「獅子王大会」の開催を決意する。大会をつぶし、西太后を正気にさせることがテーマだが、黄飛鴻に参加する気がないので、ストー (...)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地大乱

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地大乱

黄飛鴻之二: 男兒當自強 | ONCE UPON A TIME IN CHINA II | Wong Fei Hung II: Naam yi dong ji keung
1992年の外国映画 ★3

単純だけど、単純すぎない 刃も銃も効かず、重力さえ無視する白蓮教徒。最初は、本当に魔法を使っているのかと思ったが、我らが黄飛鴻も同じくらい物理法則を無視するので安心した。コメディの (...)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地黎明

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地黎明

武状元黄飛鴻 | ONCE UPON A TIME IN CHINA | Wong Fei Hung
1991年の外国映画 ★3

「武術では銃に勝てない」 実在の武術家・黄飛鴻を主人公にしたアクション映画。清朝末期の世相がよく再現されているそうだが、超絶アクションと低俗ギャグで、がくんとリアリティが下がる。香 (...)

新・少林寺伝説

新・少林寺伝説

洪熙官 | THE NEW LEGEND OF SHAOLIN/LEGEND OF THE FUTURE SHAOLIN
1994年の外国映画 ★3

真の主役は息子 香港映画らしい荒唐無稽なアクションが詰まってる。死んだふり詐欺、お裁縫バトル、油つるつる乱闘、矢の白歯取り、千手観音拳、ドリル戦車の怪人......。少林寺の復興も (...)

プロジェクトBB

プロジェクトBB

寶貝計劃 / Rob-B-Hood
2006年の外国映画 ★3

BBは赤ちゃん(Baby)のことだったのか 『プロジェクトA』の系譜かと思ったが、ぜんぜんちがった。『赤ちゃんに乾杯』の泥棒バージョンと言える。 赤ちゃんを投げたり、振ったり、凍ら (...)

ラッシュアワー3

ラッシュアワー3

RUSH HOUR 3
2007年の外国映画 ★3

まぁ、こんなもんかな 私は1作目を見ずに、2作目は見たのだが、おもしろさがよくわからなかった。そして3作目だが、やはり、ぱっとしない。ジャッキーが善人すぎて、クリス・タッカーが馬鹿 (...)

ページ先頭へ