ゼロ・ダーク・サーティ Zero Dark Thirty

2012年 外国映画 2ツ星 実話に基づく 戦争

淡々と描かれるアメリカの恐怖。

ストーリー

CIA分析官のマヤは、ビンラディン殺害のため情報収集する。拷問も民間人の犠牲もやむなし。同僚が殺されれば激怒。有力な情報を掴み、上司を説得できたので、軍隊が奇襲。ビンラディン殺害に成功した。
(おわり)

なぜ美女を主人公にしたのだろう? マヤは拷問に異を唱えない。外国人の犠牲を減らそうとする気配もない。「女性らしさ」「女性としての有利不利」はまったく描かれない。マヤがビンラディン殺害にこだわる理由もわからない。あるいは共感しづらい。
監督は観客に、彼女を応援してほしいのか、距離を置いて観察してほしいのか?

実話に基づくフィクションだが、拷問や襲撃シーンはおおむね事実だろう。倫理的に許されない行為の連続。これが旧日本軍を断罪した正義のアメリカか。
アメリカを怒らせてはいけない。
そう思わせることが監督の狙いなら、成功している。

映画として、物語として、おもしろかったとはいえない。文化的意義については、なんも言えない。
でも世界の反米意識が強かったら、こんな映画は上映できなかっただろう。それがいい潮流なのか、まだわからない。

関連エントリー

2012年 外国映画 2ツ星 実話に基づく 戦争
ゴースト・オブ・ツシマ | Ghost of Tsushima (PS4)

ゴースト・オブ・ツシマ | Ghost of Tsushima (PS4)

Ghost of Tsushima
2020年のゲーム ★3

映像すごい。  13世紀、モンゴル帝国(元)による日本侵攻(文永の役)を題材にしたゲーム。ポリティカル・コレクトネスを問う声(日本に対し失礼だ)も多かったが、日本での評判は上々。史 (...)

東京が戦場になった日 / NHKスペシャル終戦特集ドラマ

東京が戦場になった日 / NHKスペシャル終戦特集ドラマ

Tokyo ga Senjou ni Natta hi
2014年の日本ドラマ ★3

これは銃後の出来事 NHK名古屋放送局制作の終戦ドラマの6本目。戦時中の日本を卑下する運動が活発化するなかで、事実を向き合おうとするドラマが制作されることを喜びたい。 本作で描かれ (...)

300 〈スリーハンドレッド〉 帝国の進撃

300 〈スリーハンドレッド〉 帝国の進撃

300: Rise of an Empire
2014年の外国映画 ★2

蛇足だったかなぁ 前作と同時進行していた激戦であり、前作と同じタッチで描かれているが、やはりインパクトは劣る。というか、同じことをされちゃ300名のスパルタ兵の異質さが失われる。前 (...)

戦場のレクイエム

戦場のレクイエム

集結号 | Assembly
2007年の外国映画 ★2

そんなに烈士は重いのか? 感動的につづられているが、主人公がこだわっているのは戦争の大義や真実ではなく、自分自身の名誉である。北朝鮮でも烈士か否かで遺族の待遇がちがっていたが、これ (...)

バリアント ハート ザ グレイト ウォー / Valiant Hearts: The Great War (iOS)

バリアント ハート ザ グレイト ウォー / Valiant Hearts: The Great War (iOS)

Valiant Hearts: The Great War
2014年のゲーム ★5

大東亜戦争を振り替えれるのはいつの日か 大地次世界大戦を学べる2Dパズルアドベンチャー。歴史の教科書が教えない「兵士たちの気持ち」をうまく描いている。 衝撃を受けたのは老農夫(エミ (...)

風立ちぬ

風立ちぬ

The Wind Rises
2013年のアニメ ★5

いやいや、おもしろかった 宮崎監督は製作意図について、下記のように述べている。 この映画は戦争を糾弾しようというものではない。ゼロ戦の優秀さで日本の若者を鼓舞しようというものでもな (...)

ページ先頭へ