ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船 The Pirate Fairy

2014年 外国映画 3ツ星 #ピーター・パン ★妄想リメイク ファンタジー:童話 @ディズニー

踏み込みが浅い

シリーズ5作目。グラフィックが向上し、ちょっぴり不気味の谷に近づいた。奇妙な話だが、実在する女優が歳をとって容貌が変わったようだ。

ストーリーは浅い。才能の取り替えも一過性で、自分や他者への理解が深まった様子もない。ヴィディアはものづくりの才能をどう思ったの? 才能が戻ったとき、ロゼッタのワニを見る目は変わった? ザリーナはすべての才能を試したのか? 描いてほしいシーンはいっぱいあるのに。フック船長や時計ワニとおぼしきキャラを登場させながら、関連性が示されなかったのは拍子抜け。

禁忌を犯したザリーナがピクシー・ホロウを追放されるのは当然だ。帰還するためには、未曾有の危機に対処するくらいの栄誉が必要だろう。失われた青い粉の新しい使い方を発見するとか、才能の取り換えで同一性障害を解決するとか。大したステップもなくハッピーエンドになるのは納得できない。

特典映像の「教えてワニのこと」は専門的な内容でおもしろかった。こういうの、大好き。

ちょいと自分なりに整理してみよう。

妄想リメイク

ザリーナは好奇心旺盛な妖精で、才能を分類できなかった。ある日、ザリーナは妖精の粉の生産に必要な「青い火」で禁じられた実験をして、大損害を与えてしまう。ザリーナはピクシー・ホロウを追放された。

数年後、海賊が「青い火」を盗み出して大騒ぎになる。ティンカー・ベルたちが追跡すると、海賊の仲間にザリーナがいた。彼女は新たな才能を開花させており、まったく歯が立たない。ザリーナは自分を「錬金術の妖精」と称した。

戦いの中で「青い火」が消えてしまう。絶望するティンカー・ベルたち。しかしザリーナが新たな「青い火」を錬成させた。それは「もの作りの妖精」にも不可能なことだった。

ザリーナは研究によって「青い火」がもうすぐ消えること、そのとき有毒なガスを発生させることを予見した。クラリオン女王に警告を送ったが、ザリーナを嫌う側近に握りつぶされていた。ザリーナはやむなく海賊をけしかけ、「青い火」の災害からピクシーホロウを救ったのだった。

ピクシーホロウに新たな「青い火」が入り、妖精の粉を安定して得ることができた。人々はザリーナの帰還を求めたが、彼女は、
「私の才能は異端だし、異端であるべきだ。危険な実験もするから、離れて暮らした方がいい。もし将来、分類できない才能が生まれたら、私のところに送ってほしい」
と言って去っていった。

ティンカー・ベルは、分類されずとも必要な才能があると学んだ。

ピーター・パン
ディズニー
映像作品
ティンカー・ベル

関連エントリー

2014年 外国映画 3ツ星 #ピーター・パン ★妄想リメイク ファンタジー:童話 @ディズニー
ティンカー・ベルと流れ星の伝説

ティンカー・ベルと流れ星の伝説

Tinker Bell and the Legend of the NeverBeast
2014年の外国映画 ★3

試される妖精たち あらすじ ある日、ピクシー・ホロウの空に緑に輝く彗星が流れた。その後、森から大きな怪獣が目覚める。フォーンは怪獣を「グラフ」と名づけ、観察し、打ち解けていく。しか (...)

ティンカー・ベルと輝く羽の秘密

ティンカー・ベルと輝く羽の秘密

Secret of the Wings | Tinker Bell and the Mysterious Winter Woods
2012年の外国映画 ★4

幸せの国へ シリーズ4作目で、季節は冬。ティンカー・ベルは双子の姉妹にあたるペリウィンクルと出会う。この時点で姉妹の対立や決別といった展開を期待してしまう自分は、魂が淀んでいるかも (...)

ピーター・パン2 ネバーランドの秘密

ピーター・パン2 ネバーランドの秘密

Return to Never Land
2002年の外国映画 ★4

子ども向けになったピーターパン 47年後に制作された続編。第2次世界大戦中のイギリスという舞台設定が秀逸だ。陰鬱な時代にあっても、母親ウェンディはどこか浮世離れしている。一方、娘の (...)

ピーター・パン (ブエナ・ビスタ版)

ピーター・パン (ブエナ・ビスタ版)

Peter Pan
1953年の外国映画 ★5

なぜウェンディはピーターを捨てたのか? 世界中の子どもたちに愛されてきた夢と冒険の物語。ディズニーのアレンジでは勧善懲悪が前面に押し出されているそうだが、どうしてどうして、童話特有 (...)

ティンカー・ベルと妖精の家

ティンカー・ベルと妖精の家

Tinker Bell and the Great Fairy Rescue
2010年の外国映画 ★4

よくある話をおもしろく! 『ティンカー・ベル』シリーズ3作目。妖精たちと人間の少女・リジーが出会い、恐れ、困惑し、親しみ、危機があって、協力して乗り越える。きわめてオーソドックスに (...)

ティンカー・ベルと月の石

ティンカー・ベルと月の石

Tinker Bell and the Lost Treasure
2009年の外国映画 ★3

突っ込むか、受け入れるか 『ティンカー・ベル』シリーズ2作目。いかにして月の石を復元するか? あれこれ予想を立てたけど、意表を突いた解決策に驚き、感心した。 ティンクは自分勝手で、 (...)

ページ先頭へ