MURDERED 魂の呼ぶ声 (PC) Murdered: Soul Suspect

2014年 ゲーム 2ツ星 ★妄想リメイク クトゥルフ神話 刑事・警察 幽霊

さっぱり魅力がない主人公

あらすじ

ロナンは粗暴だが、正義感の強い刑事。ある晩、連続殺人犯「ベル・キラー」を追跡中、返り討ちにあって死亡する。強い未練のためロナンは成仏できず、幽霊のままベル・キラーの正体を暴こうとする。

「幽霊が自分を殺した犯人を追う」というプロットはいいが、ゲームとしての興奮も、ストーリーのおもしろさもなかった。おつかいとムービーの繰り返し。『BEYOND: Two Souls』のような特殊能力もなく、3Dである必然性さえ感じられない。横スクロールアクションだ。

とにかく主人公に魅力がない。全身に刺青をして、西部劇のガンマンのような格好をしているが、妻帯者であり、きわめて誠実な刑事? なんとも掴みどころのない人物だ。ゲーム内の言動もいちいち淡白で、尖ったところがない。幽霊になっても行動パターンが変化しないのは、達観しているからか、頭が悪いせいか? どうにも感情移入できない。

ストーリーも散漫で、興味がわかない。ベル・キラーの正体も、驚かせるために無理した印象を受ける。なので適当にプロットを整理してみたが、まったく異なる物語になってしまった。

妄想リメイク

ロナン刑事は連続殺人犯「ベル・キラー」を追跡中、頭部を撃たれ重体になる。気がつくと彼は生霊になっていた。夜明けには肉体が死んで、魂は天に召されるだろう。しかしそうなる前に、ロナンはベル・キラーの正体を暴きたかった。というのも、ロナンを撃った犯人として、相棒のレックス刑事が逮捕されてしまったからだ。レックス刑事はロナンの姿が見えるが、勾留中のため動けない。

ベル・キラーの被害者はロナンを含め11人。被害者は悪霊となって殺害現場に残留しており、撃退することで話を聞くことができる。
どうやらベル・キラーは11人分の霊を使って、夜明けに魔術的な儀式を行うようだ。その場所を見つけ、阻止しなければならない。

なんてのはどうかな?

それからムービーシーンの編集が雑。カットが細かくて、目がチカチカした。ゲームはもっと映画から演出方法を学ぶべきだ。



Steam: Murdered: Soul Suspect

関連エントリー

2014年 ゲーム 2ツ星 ★妄想リメイク クトゥルフ神話 刑事・警察 幽霊
ザ・ヴォイド 変異世界

ザ・ヴォイド 変異世界

The Void
2016年の外国映画 ★3

こーゆーのは好きだけど... 病院を舞台にしたサバイバルホラー。映像は高精細で、構図もよい。外はカルト集団、中には不審者とモンスターと、グッドな配置で期待は高まる。 しかし幻覚が入 (...)

The Vanishing of Ethan Carter (PC)

The Vanishing of Ethan Carter (PC)

The Vanishing of Ethan Carter
2014年のゲーム ★2

美術を活かすゲームじゃなかった あらすじ Paul Prospero はサイコメトリー能力をもつ探偵。Ethan Carter という少年からファンレターをもらい、Red Cree (...)

ネクロノミカン 禁断の異端書

ネクロノミカン 禁断の異端書

Necronomicon
1993年の外国映画 ★3

原作どおりに作れ、とは言わないが... H.P.ラヴクラフトの短編3本セット。どれも原型を留めないほどアレンジされているが、おもしろくなったとは言い難い。とはいえ、原作がおもしろい (...)

Dagon: by H. P. Lovecraft (PC)

Dagon: by H. P. Lovecraft (PC)

Dagon: by H. P. Lovecraft
2021年のゲーム ★3

読んでる人はうれしい。  ラブクラフトの小説「ダゴン」の情景を体験できるゲーム。無料!  選択肢やインタラクトはなく、読み上げられるシーンを一人称視点で眺めるだけだが、なかなか興味 (...)

ソング オブ ホラー / Song of Horror (PC)

ソング オブ ホラー / Song of Horror (PC)

Song of Horror
2019年のゲーム ★3

盛り込みすぎた。  3人称視点、カメラ固定のサバイバルホラー。全5章。  著名な作家が家族ごと行方不明になって、その広大な屋敷を探索する。プレイアブルキャラクターは編集者や電気技師 (...)

Conarium (PC)

Conarium (PC)

Conarium
2017年のゲーム ★2

ラヴクラフティアンホラー? H・P・ラヴクラフトの小説「狂気の山脈にて」(1931 At the Mountains of Madness)の後日談を描いた作品。ケイオシアム社のラ (...)

ページ先頭へ