[レビュー2013年09月02日に発表された 

きかんしゃトーマス キング・オブ・ザ・レイルウェイ トーマスと失われた王冠 Thomas & Friends: King of the Railway

ファンタジー:童話 人形
更新日:2016年11月21日(月) 21:52 [Edit]

やっぱりコワイよ

『きかんしゃトーマス』は実写映画しか見てなかったが、CGアニメになっていたんだね。人間がいて、会話できるが、機関車はみずからの意志で、勝手に行動できる。助け合う関係と言うんだろうか?
線路が重さに耐えられないとか、蒸気がなくなってしまうまえに、とか、あんがいリアル。ストーリーはあっちこっちに飛ぶが、子どもが見る分には支障ないのだろう。ちょこちょ絵になるシーンもあるしね。

しかしやっぱり機関車に顔があるのは不気味だ。人間と思うと四肢がないことが気にかかり、道具と思えば警戒せざるを得ない。ときおり乗務員が無視されるところもこわい。

トーマスのよさがわからないなんて、私も子どもじゃなくなったんだなぁ。

関連エントリー