北斗の拳 (テレビアニメ)(全109話)

1984年 アニメ 3ツ星 #北斗の拳 カンフー 文明崩壊後

まぎれもなく青春の1ページ

原作漫画が連載されたのは1983年から1988年だから、私が12歳から17歳まで。そりゃもう、夢中になって読んださ。「百烈拳!」と叫んで殴る。「シャウ!」と叫んで、雑草を手刀で切る。チョップするときは「岩山両斬波」、学生婦の背中を赤いチョークで切り裂いて「紅鶴拳」。いろいろやったなぁ。

アニメがはじまったのは連載翌年。人体破壊がシルエットで表現されたことに落胆した。当時は「子ども向けアニメだから」と思っていたが、よくよく考えると、内臓が破裂し、骨が砕ける様子を表現するのは技術的に困難だった。のちに『劇場版 北斗の拳』が公開されたが、やはり人体破壊はそれほど過激じゃなかった。漫画の精緻さを、アニメで表現するのは無理だったんだ。

当時、私は『北斗の拳』をハードSFアクションと認識していたから、ポップな色合いや、ふざけたナレーションに憤っていた。極めつけは「南斗人間砲弾」で、落胆のあまり、しばらく放送を見なかった。絵柄も安定せず、テンポも悪い。まれに作画が優れた回があるから、アタリが出ると喜んだ。当時はビデオデッキがなかったから、評判を聞いてから見ることはできなかった。

「もっとマジメに作ってほしい」と憤っていたが、ふざけた演出は増えていった。絶叫はブームになり、コサキンラジオで笑いのネタにされた。ついに原作漫画もふざけるようになった。ここに至り私は『北斗の拳』がハードSFアクションではなく、子ども向けの週刊連載漫画だったと気づく。

そう思うと、ふざけた演出に目くじら立てたり、放送を見逃して地団駄踏むこともなくなった。
私はちょっと、大人になってしまったようだ。

関連エントリー

1984年 アニメ 3ツ星 #北斗の拳 カンフー 文明崩壊後
北斗の拳 (実写映画)

北斗の拳 (実写映画)

Fist of the North Star
1995年の外国映画 ★2

「おまえは《北斗の拳》だ!」 2016年に鑑賞。もちろん映画の存在は知っていたが、期待もなかったのでスルーしていた。1995年と言えば、テレビアニメと漫画連載が終了してから7年後。 (...)

キス・オブ・ザ・ドラゴン

キス・オブ・ザ・ドラゴン

Kiss of the Dragon
2001年の外国映画 ★4

強さより生き様がカッコイイ! 決して一線を踏み越えない寡黙な男の姿に心打たれる。弱きを助け、強きをくじく。義のためには命を惜しまない。近ごろじゃ珍しい任侠映画みたいだった。こういう (...)

真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝

真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝

Shin Kyuseishu Densetsu Hokuto no Ken: Toki-den
2008年のアニメ ★3

まぁ、無難なトキ総集編 ラオウとの兄弟決戦を軸に、トキの軌跡を振り返る。ラオウの声は違和感があるが、トキの声は安心感がある。ナレーションもしぶい。新キャラ・サラが登場するものの、過 (...)

真救世主伝説 北斗の拳ZERO ケンシロウ伝

真救世主伝説 北斗の拳ZERO ケンシロウ伝

Shin Kyuseishu Densetsu Hokuto no Ken: Kenshiro Den
2008年のアニメ ★3

「それが天の声だ!」 世紀末だから、悪党どもに情をかけても仕方ない。ためらわず殺せ。南斗孤鷲拳の先代伝承者が、北斗神拳の甘っちょろい伝承者を洗脳する。すっかりその気になったケンシロ (...)

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章

Fist of the North Star - The Legend of Raoh: Martyred Love Arc
2006年のアニメ ★1

なにもかも駄目 うはぁ、ひどい。 半端なオリジナルキャラで世界観はぶち壊し。そのくせ展開は原作のままで退屈。そもそも「ラオウ伝」と称してケンシロウ vs サウザーを描くのは詐欺じゃ (...)

劇場版 世紀末救世主伝説 北斗の拳

劇場版 世紀末救世主伝説 北斗の拳

Fist of the North Star the Movie
1986年のアニメ ★3

対決、そして対決。気がつけば終わっていた映画版 劇場版ということで、TVの制約から解放された『北斗の拳』。 さぞや強烈なやつが出てくるだろうと期待したが、駄目だった。 「初めての人 (...)

ページ先頭へ