アメリカを震撼させた夜 THE NIGHT THAT PANICKED AMERICA

1975年 外国映画 4ツ星 ドキュメンタリー 実話に基づく

動き出すと止められない

 1938年、オーソン・ウェルズがラジオドラマ「宇宙戦争」を放送すると、あまりにも迫真だったため市民がパニックを起こしたと言う。なかば伝説と化しているエピソードを、1975年にドキュメンタリー風に再現したもの。本作が事実に即しているとは思わないが、じつに興味深い。

 まず驚くのは、ラジオドラマが生放送であること。効果音もすべてスタジオ内の手作り。こんなこと、ほんとにやっていたのだろうか?
 彼らはおもしろいもの、話題になるものを作りたいだけで、パニックを誘発するつもりはない。だから再三「これはフィクションです」と断りを入れるのだが、視聴者に届かない。ラジオを聞いているのに、理解されない。ラジオドラマとわかってる人たちも、パニックになった人たちを止められない。大きな慣性がつくと、どうしようもない。

 人々はラジオなんか聞かず、武器を取って、外に出る。あるいは荷物をまとめて逃げ惑う。トンネルで追い詰められ、自決する寸前だった家族があわれ。彼らは明日から、どんな顔して暮らすんだろう?

 視聴者はフィクションと知っているから、馬鹿だなと思う。しかし自分がその場にいて、果たして冷静でいられるだろうか? 周囲を止められるだろうか?

 宇宙人が攻めてくる。

 これほど荒唐無稽で、いっぺんの事実もないのに、パニックは起こりうる。実際に起ったかどうかは問題じゃなく、「起こりうる」という説得力に打ちのめされる。おまけに事件の発端であるウェルズや放送局には悪意も落ち度もない。
 そんなことより明日の視聴率。
 味わい深いエンディングだった。

 それから日本語吹き替えが豪華。それだけでも視聴する価値がある1本だった。

関連エントリー

1975年 外国映画 4ツ星 ドキュメンタリー 実話に基づく
不都合な真実

不都合な真実

An Inconvenient Truth
2007年の外国映画 ★4

この映画が批判される現実がこわい ドキュメンタリーと言うより、ゴア氏の講演ビデオ。あいまにゴア氏のメッセージが挿入されるが、ブッシュvsゴアの対決を知らない人には、ゴア氏の無念さが (...)

トラ・トラ・トラ!

トラ・トラ・トラ!

Tora!Tora!Tora!
1970年の外国映画 ★5

本物の戦争を見られる映画 真珠湾攻撃における日米両陣営の動きを公平に、かつ史実にそって描いている。こんな映画を、ベトナム戦争の真っ最中に上映できるアメリカはすごい。 ドキュメンタリ (...)

あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機

あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機

Ano Sensou ha Nandattanoka
2008年の日本映画 ★4

教訓は活かされているか? 開戦の経緯を学ぶ上で、とてもタメになる内容だった。もちろん、人物や事件の描き方には異論もあるだろうが、すかすかの教科書で勉強するよりずっと有意義だろう。東 (...)

月世界旅行&メリエスの素晴らしき映画魔術

月世界旅行&メリエスの素晴らしき映画魔術

Le voyage extraordinaire
2011年の外国映画 ★5

「困難なことはすぐやれ。不可能なことは少し時間を」 いかにして映画は生まれたか? ジョルジュ・メリエス監督のアイデア、努力、栄光、そして挫折。その背景に、現実が空想を追い越す時代が (...)

忘れたフリをして / 船場センタービル50周年記念短編アニメーション  (13分)

忘れたフリをして / 船場センタービル50周年記念短編アニメーション (13分)

2020年のアニメ ★2

これはこれで... 作者が「うつ」を経験し、「うつ」を考えずにいられなかった事情はわかった。むろん船場センタービルには関係ないし、プラスのイメージもない。それでも船場センタービルは (...)

I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザー

I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザー

I Am Your Father
2015年の外国映画 ★3

不遇だが不幸ではなかった、と思いたい。 ダース・ベーダーの中の人を演じながら、いなかったことにされたデヴィッド・プラウズ。プラウズはどんな人物で、なぜルーカスフィルムに無視されたの (...)

ページ先頭へ