バクテリア・ウォーズ Osmosis Jones

2001年 外国映画 2ツ星 SF コメディ 主人公は子ども 刑事・警察

実写で萎える。

 『ミクロの決死圏』(1966)、『インナースペース』(1987)、『ミクロキッズ』(1989)の系譜に連なる人間の縮小化、体内冒険もの。体内パートをアニメでやるのは生理的嫌悪感を減らす効果があるが、体外パートでビル・マーレイが映るたび嫌悪感がぶり返す。娘シェーンの人体ならまだ許容できただろうけど。

 体内冒険で、ふつうの刑事アクションをやるのも無理がある。体の中と外がつながっているのはわかるが、だからどうしろと?
 先駆作品の焼き直しではないが、イイネと思えるところは乏しかった。

関連エントリー

機動戦士ガンダムUC (全7章)

機動戦士ガンダムUC (全7章)

2010年のアニメ ★2
ズートピア

ズートピア

2016年の外国映画 ★5
ソイレント・グリーン

ソイレント・グリーン

1973年の外国映画 ★4
電脳都市OEDO808

電脳都市OEDO808

1990年のアニメ ★3
警察戦車隊 TANK S.W.A.T.

警察戦車隊 TANK S.W.A.T.

2006年のアニメ ★3
未来警察ウラシマン (全52話)

未来警察ウラシマン (全52話)

1983年のアニメ ★3
タイムコップ

タイムコップ

1994年の外国映画 ★2
レプリカント

レプリカント

2001年の外国映画 ★2
ジュニア

ジュニア

1994年の外国映画 ★2
インナースペース

インナースペース

1987年の外国映画 ★3
PLANET OF THE APES / 猿の惑星

PLANET OF THE APES / 猿の惑星

2001年の外国映画 ★1
ホーム・アローン

ホーム・アローン

1990年の外国映画 ★3