劇場霊

2015年 日本映画 1ツ星 モンスター 人形 怪談

こいつぁ、すげぇ

「伝説のJホラー『女優霊』から20年ぶり...」とか宣伝されたけど、劇場に染み付いた怨念とかじゃなくて、人形が襲ってくるモンスターホラーだった。しかもつまらない。ドールは安っぽく、動きはわざとらしい。幻覚を見せたり、怪力で惨殺したり、キスしてエナジードレインなど、能力には一貫性がない。ぼんやりした由来は語られたけど、人形作家の娘たちを惨殺した理由も、20年を経て活動を再開したキッカケもわからない。そもそも劇場用ドールじゃないし、「血の伯爵夫人」とも関係ないし、主人公を狙っているわけでもない。わざとやってるのかと思うほど、モンスター造形が足りない。

主人公は善良だが、空気を読まず、直線的な言動ばかり。そんな低い知能じゃ、女優をつづけるのは無理だろう。しかしラストで主人公は成功を掴んでいた。自分にかけていたもの、すなわち身売りする覚悟ができたのだろう。まぁ、モンスターと戦うことを思えば、偉い人に媚びるくらいなんでもないか。ドラマ要素が、かえって後味を悪くしている。

思えば20年前、『女優霊』はハリウッド・モンスターと一線を画すから注目され、ジャパニーズ・ホラーと持て囃された。その仕掛け人である中田秀夫監督がハリウッド・モンスターの映画を撮って、それをジャパニーズ・ホラーと宣伝し、おまけにツマラナイのだから、もう、言葉もない。

映画単体で見れば★2つくらいだが、ジャパニーズ・ホラーに与えた影響を思うと、★1つにせざるを得ない。こいつぁ、ひどいわ。

関連エントリー

2015年 日本映画 1ツ星 モンスター 人形 怪談
チャイルド・プレイ(6) チャッキーの呪い

チャイルド・プレイ(6) チャッキーの呪い

Curse Of Chucky
2013年の外国映画 ★4

完成度が高い 2014年に鑑賞。ふざけた5作目の次とは思えないほどシリアスで、完成度が高かった。時系列では3作目と4作目のあいだの出来事だが、ラスト以外は予備知識なく楽しめる。 観 (...)

チャイルド・プレイ(5) チャッキーの種

チャイルド・プレイ(5) チャッキーの種

Seed Of Chucky
2004年の外国映画 ★4

いやぁ、おもしろかったぁ 2014年に鑑賞。シリーズ第5弾だが、私は2、3、4を見ていない。そのため戸惑ったが、Wikipediaなどでキャッチアップできた。ネタ要素がわかると、ぐ (...)

チャイルド・プレイ

チャイルド・プレイ

Child's Play
1988年の外国映画 ★4

怖いのは怪物より孤立  醜悪に変貌して襲ってくるグッドガイ人形が強烈。小さく、俊敏で、強靭で、めちゃくちゃ賢い。スティーブン・キングはこうした「小さな怪物」をよく登場させるが、私に (...)

蝋人形の館

蝋人形の館

House of Wax
2005年の外国映画 ★3

説得力はないが、痛々しさは最大級 なんかのパロディと思ってみたけど、バリバリのスプラッタホラーだったのね。それも、『テキサス・チェーンソー』に匹敵する痛々しさ。腕がちぎれるとか、腹 (...)

エロ怖い怪談 第参之怪 廃墟遊戯

エロ怖い怪談 第参之怪 廃墟遊戯

Ero Kowai Kaidan 3 Haikyo Yuugi
2010年の日本映画 ★2

モンスターホラー、か。 オカルト研究会の男女が廃墟探索する。そこは旧日本軍が人体実験を行っていたところで、モンスターに襲われる。 モンスターと言ってもゾンビのようなもの。着ぐるみを (...)

富江 最終章 -禁断の果実-

富江 最終章 -禁断の果実-

Tomie: The Final Chapter - Forbidden Fruit
2002年の日本映画 ★3

5%も描きだしてない 「富江」シリーズはずっと避けてきたが、ついに鑑賞した。伊藤潤二の原作でも正体不明の妖怪・富江が、どうしてシリーズ化されているのか不思議だったが、本作を見て理解 (...)

ページ先頭へ