キル・コマンド Kill Command

2016年 外国映画 2ツ星 サイボーグ ロボット:自律型 主人公は軍人 電脳

ハーフヒューマンが邪魔だ。

戦闘ロボットが暴走して、兵士たちを襲いはじめた。
ありがちな設定だが、むしろ大好物である。ありふれた食材をどう料理してくれるか? それが楽しみで、ありがちなSFをたくさん見ている。

で本作だが、ありがちな映画だった。、訓練に実弾を使って、貴重な機材を破壊するとか、ロボットが目標を設定せず作戦を開始するとか、不測の事態に兵士たちが撤収しないとか・・・おかしな点が目立つ。ロボットやドローンはいかにも不気味で、ステレオタイプ。

もっとも駄目なのが、主人公のハーフサイボーグ。ロボットを制御できてないのに「待って!」と命じたり、「助けられたのに!」と不平をこぼす。美人で特殊な能力があるのに、役に立たないばかりか、みなの足を引っ張っている。珍しいと言えば珍しい。
ハーフサイボーグの中身は人間なんだから、兵士たちが自分を警戒したり、排除する心理がわかるだろう。それなのに名前や経歴を検索したり、目をチカチカさせたりと、無分別な態度が目立つ。まるっきり子どもだ。

もっと単純に、『ブラックマジック M-66』(1987)みたいな攻防戦でいいと思うのだが、なかなかそういう作品に巡り会えない。

関連エントリー

2016年 外国映画 2ツ星 サイボーグ ロボット:自律型 主人公は軍人 電脳
イノセンス

イノセンス

Innocence: Ghost in the Shell 2
2004年のアニメ ★3

押井守の悪いところが噴出してしまった 2つの不満がある。 1つ目は、CGを使いすぎ。 『攻殻機動隊』までは味付け程度だったのに、本作ではクドいほど前面に押し出されている。あまり (...)

メタルギア ライジング リベンジェンス (PS3)

メタルギア ライジング リベンジェンス (PS3)

METAL GEAR RISING REVENGEANCE
2013年のゲーム ★2

スピンオフとしては及第点 技術的可能性からスタートし、小島監督が投げ出して、協力会社が仕上げてくれた作品。小島監督は脚本を一行も書いてないそうだが、小島節が見事に再現されている。「 (...)

サイバーパンク2077 (PC)

サイバーパンク2077 (PC)

Cyberpunk 2077
2020年のゲーム ★3

TRPGなのかぁ。 あらすじ サイボーグ技術が一般化した2077年。主人公「V(ヴィー)」は大企業が支配するナイトシティで裏稼業を営んでいた。あるとき、50年前に死んだテロリストで (...)

アリータ: バトル・エンジェル

アリータ: バトル・エンジェル

Alita: Battle Angel
2019年の外国映画 ★2

原作愛はわかるのだが... 漫画『銃夢』は連載時から読んでいた。TUNED編の大転換に驚き、唐突な幕引きに戸惑った。のちに『銃夢 LastOrder』がスタートして喜んだが、あそこ (...)

ハードコア・ヘンリー / Hardcore Henry

ハードコア・ヘンリー / Hardcore Henry

Hardcore Henry
2015年の外国映画 ★4

衝撃の映像体験 あらすじ 目覚めると、ヘンリーはサイボーグに改造されていた。記憶がなく、声も出ない。科学者であり、妻と名乗る美女エステルをたよるが、超能力者エイカンが率いる武装集団 (...)

BATON

BATON

BATON
2009年のアニメ ★2

横浜の未来は暗い ロトスコープで描かれたSFファンタジー。有名俳優を多数起用しているが、ストーリーはぐだぐだ。抽象的すぎてついていけない。 密航者 アポロとミカル サイファ (...)

ページ先頭へ