[レビュー2015年08月07日に発表された 

ファンタスティック・フォー (リブート/マイルズ・テラー主演) Fantastic Four

ヒーロー 異世界に召還 超能力 @マーベル・コミック
更新日:2018年08月05日(日) 11:56 [Edit]

練り込み不足のリブート

宇宙船の事故ではなく、異次元で超能力を得るように変えたのはよい。あわせてリードとベンの友情、および成長過程が描かれたこと、科学者が栄光をつかむため無謀な挑戦を試みたこともよい。

しかしあとがつづかない。リードの逃亡にはプランがないし、ベンの葛藤に具体例なし。ジョニーの反発は浅く、スーも存在感に欠ける。最終決戦も4人の力と個性の相乗効果と言えず、物足りない。これじゃ続編への期待もない。

時間はたっぷりあったはず。勝算がなければ、わざわざ同名タイトルでリブートしない。どうしてこうなったのか、理解しがたい。

マーベル・コミック
アベンジャーズ
ソー
アイアンマン
ハルク
X-MEN
ファンタスティック・フォー
スパイダーマン
ゴーストライダー
ブレイド
MIB
映画・ほか

関連エントリー