貞子vs伽椰子 Sadako vs. Kayako

2016年 日本映画 3ツ星 モンスター 幽霊屋敷 怪談:都市伝説

怖がってないで戦え!

『呪怨 ザ・ファイナル』(2015)で終わりなんて思ってなかったが、まさか一年で復活するとは予想外。しかも『貞子3D』(2012)でただのモンスターとなった山村貞子と対決だって。しかも監督は清水崇でも中田秀夫でもなく、白石晃士。まっとうなホラー映画であるはずがない。

と思っていたが、意外とおもしろい。貞子の設定を整理して、都市伝説として紹介するのは妙案。なので友だちは、それが呪いのビデオと気づき、いかに呪いを避けるかがテーマとなる。ほほう。真意のわからない教授や、どっかで見たような除霊騒動はともかく、仮面ライダードレイクとゴンの最強霊媒コンビが登場すると、一気にテンションが上がる。おまけに友だちは呪いのビデオを拡散したり、自殺に逃げようとしたり、なかなか飽きさせない。いいぞいいぞ。決戦が待ち遠しい!

伽椰子パートは俊雄君が素晴らしい動きを見せてくれるが、被害者の女の子は叫んでばかりで、いまひとつ。それは最終決戦においても同じで、演技がどうのより、脚本に見せ場がないことがかわいそうだった。

で、最終決戦についてだが...ま、こんなもんか。

総評すると、やはり最終決戦が弱い。ふつうの女子大生が貞子に馬乗りになって殴打するとか、伽椰子をトラックではねて溶鉱炉に突き落とすとか、派手に戦うべきだった。ドレイクとゴンも、ウルトラダブルフラッシャー(ウルトラマンレオとアストラの合体技)を繰り出すべき。ほんと、それだけを楽しみに見てきたんだから、はっちゃけてほしかった。

リングと呪怨
リング (貞子)
映画
ハリウッド
呪怨 (伽椰子)
ビデオ
映画
アメリカ制作
ゲーム
クロスオーバー
 

関連エントリー

2016年 日本映画 3ツ星 モンスター 幽霊屋敷 怪談:都市伝説
Last Light (PC)

Last Light (PC)

Last Light
2021年のゲーム ★2

イジメはストレス。 立ち絵とデフォルメキャラと、イベントシーンの止め絵と、声のギャップに戸惑う。おびえるフユカの顔を見ないように、マップに集中する。ゲームとして特筆すべき点はない。 (...)

The Medium (PC)

The Medium (PC)

The Medium
2021年のゲーム ★3

達成感がない。 二重現実はおもしろい。と、感じるのは最初の20分くらいで、ゲーム的な趣向が凝らされてもあまり没入できなくなる。マリアンの人物設定が希薄だ。だれかを探す、なにかを止め (...)

キャスパー

キャスパー

Casper
1995年の外国映画 ★2

ゴーストが怖いよ 上映当時、私は24歳。CG映画として大々的に宣伝されたが、鑑賞したのは2015年。20年も経っちゃうと映像のインパクトはないが、それ以上に気になったのはストーリー (...)

グレゴリーホラーショー (全25話)

グレゴリーホラーショー (全25話)

GREGORY HORROR SHOW
1999年のアニメ ★2

闇がうすい ペーパークラフトのようなキャラクター。精神病院のようなグレゴリーハウス。主人公の姿を映さないFPS視点。雰囲気はなかなかよい。 しかしストーリーは今ひとつ。3分しかない (...)

残穢【ざんえ】 住んではいけない部屋

残穢【ざんえ】 住んではいけない部屋

Zan'e: Sunde wa ikenai heya
2015年の日本映画 ★3

解決しないミステリー。 起こる現象は「ホラー映画あるある」ばかりだが、規則性・原因を遡っていく構成は珍しい。ちょっとしたミステリーだ。 しかし犯人が「炭鉱で死んだ人々の怨霊」がとわ (...)

ソング オブ ホラー / Song of Horror (PC)

ソング オブ ホラー / Song of Horror (PC)

Song of Horror
2019年のゲーム ★3

盛り込みすぎた。  3人称視点、カメラ固定のサバイバルホラー。全5章。  著名な作家が家族ごと行方不明になって、その広大な屋敷を探索する。プレイアブルキャラクターは編集者や電気技師 (...)

ページ先頭へ